THEATER CROSSROAD
Building Homepage
 シアター・クロスロード 劇団ホームページを作ろう!
Lesson 3: とりあえず仮上棟 〜クイックページビルダーでさくっとね〜
よしゃ。スペースも確保したし、いよいよホームページ作ろうな。
そやな。ところできみ、タグってしっとるか?
しらん。
…なんや?
ホームページはHTML(HyperText Markup Language)ちゅう言語で書くんやけど。
それは日本語ちゃうんか?
…あかんか。
あかんな。
ほな、いちから勉強せなあかんのか?(半泣)
まあできるだけやらん方向でいってみよか。それがわかっとったら、Windowsなら「メモ帳」、Macなら「simpletext」でもホームページはできるんやけど、まあめんどくさいからな。
あんなくされツールでいけんのんか?
いけんねん。HTMLのことを知りたい人は、いろいろ本があるけど、管理人は『ホームページ作成のためのHTML辞典』(村本 周示、日経文庫)が安くておすすめです、といってました(敬語)。
そんなん覚えるんいやや。このページかてなんかのソフト使うて作ってるやん。
やかまし!とにかく今日は、トライポッドにあるツールを使って、仮ページを作ることにするわ。これならすぐにページ自体はできるからな。
そんなのんがあるんなら早よださんかい。どれや、どれや!
あわてんな。こんなのはどこにでもあるんやけど、ジオのはサーバエラーがでてこわれてた。こっちのはちゃんと動くみたいや。なるほど、クイックページビルダーいうんやな、とりでは。
あ、ここに適当にデータを入れていけばええねんな?ええと、「架空劇団こんちきしょうパンダ」と…。

下はリンク集になってるみたいやな。他のコンテンツはあとで用意すればええから、今回はとりあえず、連絡先のメールアドレスをいれとこう。リンクの中に"mailto:メールアドレス"っていれればええからな。

メールアドレスは入れなあかんのか?
入れなあかん。というかホームページはお客さんと劇団の接点となるところやろ?ときどき自分のことばかり書いて、連絡先がどこにもない、わかりにくいっていうページがあるけど、あれはあかんわ。少なくともメールアドレスはないと。掲示板だけ用意してるところもあるけど、たいていお客さんはなんらかの問い合わせをするためにホームページにきてるんや。個人的な問い合わせは掲示板には書きにくいから、できたらメールアドレスの方がええんや。
(また台本棒読み)でもメールリンクはってたら、広告とかのスパムメールがくるんちゃうんか?あんなんいやや。…スパムメールってなんや?
まあ不特定多数に送られる広告メールみたいなもんで、めっちゃうざいねん。でもそのために無料メールアドレスでもとっておけばええねん。ええかげんうざなったら他のアドレスを取り直せばええんやからな。大事なのはその面倒を差し引いても、お客さんへの問い合わせ窓口を用意することは重要やっちゅうことやな。
そうか。ただ自己紹介のためにあるんちゃうねんな。
自分に置き換えて考えてみればわかるけど、案外ネットでも問い合わせするのはめんどくさいもんやねん。お客さんに劇場に足を運んでもらうために、できるだけそういうバリヤーを取り除く努力をするのは当然やし、そんなところから新しいお客さんが増えてくるもんやと思うけどな。
ようわかったわ。これで「保存」を押すとページができんねんな?おお、できとるやんけ!!



でもまださみしいもんやな?
まあこのあとはおいおいつくっていったらええねん。とにかくこれで劇団のページと、お問い合わせの窓口だけはできたことになるわ。広告形式の選択については前回にやったな。
じゃあもう、この、http://konchikishopanda.at.infoseek.co.jp/ にアクセスしたらみられんねんな?
みられるで。これからいろいろコンテンツを増やしていこ。
じゃあまず、おれのピンナップをどーんと飾って、アクセスアップにつなげようや!
…あかんか?
(無視)それじゃまた次回に、チャオ!
←第2回に戻る 第4回に進む→

Performed by Grazie and Chao
彼らへのファンレターはこちらへ。

「劇団ホームページを作ろう!」トップページへ