THEATER CROSSROAD
Building Homepage
 シアター・クロスロード 劇団ホームページを作ろう!
Lesson 8: 携帯版ページを作ろう 〜簡単やしね〜
まーたずいぶん間が空いたな、このコーナー。
まあたくさん情報がいただけるんでね、あまりこっちにかかれないっちゅう、うれしい悲鳴やね。ぼくらのファンにしてみればさみしい話やけどな、ぐはははは。
そんな奇特な人おるんかな…まあ夢みとこか。
今日は!携帯版のページを作るねん。
携帯版!携帯で見られるページっちゅうことか?そんなんなんか大変そうやで。
それは見かけだけ。本当はふつうのページより簡単なんやで。管理人の携帯サイトもちゃんとあるし、基本的に管理人ができることはわしらでもできるんや。
よっしゃ、できる気がしてきた。早!
一人つっこみやな。まずぼくらみたいなふつうの人が作る携帯サイトのことは「勝手サイト」って呼ばれてるんやけどな、これがどこものiモードが成功した理由の1つやいわれてんねん。昔はじぇいふぉんやえーゆーのサイトは、専用のソフトを使わんと作れへんかってん。どこものiモードは基本的にこのふつうのHTMLの制限版(コンパクトHTML)やから、ふつうのホームページ作れる人なら誰でもできんねんな。要は携帯のブラウザであまり高度なことはできへんねん。それにあわせるっていうことやから。
じゃあ簡単なことだけしたらええねんな。でも他の携帯使ってる人はどうなるんや?
昔はiモード用の勝手サイトは見られへんかってん。でもiモードの成功を知ってようやく目が覚めたんか、新しい規格(WAP2.0)では、これまでの規格のやつに加えて、iモードのサイトも見られるようになったんや。だからええねん。あと、わしらの使ってる無料ホームページでは大丈夫みたいやけど、サイトによっては広告が邪魔してみられへん、っちゅうことになるかもしれへんから、注意が必要やね。とりではポップアップを使うとiモードでは広告が入らなかったらしいけど、入れるようにしたらしいわ。ちょっと重いけど、がまんしとこか。
とにかく遠慮なく作ったらええねんな?やっぱりパソはまだ高いし、携帯なら持ってるいう人にとっては、携帯サイトはありがたいこっちゃで。
そやな。なにいうても携帯のええところは簡単に持ち運べるところや。携帯いうぐらいやしな。だから、パソのないところで必要な情報っちゅうのんを掲載せなあかんねん。どないなのんがええ?
うーん、そやな…あ!公演情報とか必要やで。家出てから、「何時に始まるんやったやろ?」とか「場所ってどこやったかな?」とか思うことようあるもん。そういうときに携帯で確認できたらめっちゃ便利やで。
その通りやな。
あと連絡先な。どうしても場所がわからへんときとか、チケット予約したいときとか。電話やメールで連絡できると便利やろなあ。
そやそや。そうやって出先で必要な情報いうてどんなもんやろ?って考えていくのが、劇団の携帯サイトのあるべき姿やで。まあそのへんはおいおい考えるとして、今日はまた例によって形だけ整えよか。
よしゃ!またNetscapeで作るねんな?起動…と。そういやそんなに高度なことはできへんねんな?僕もできへんけど。何ならできんのん?
できるのは、もちろんリンクと、画像とリスト、それに文字そろえと、文字や背景に色を付けること。これだけや。
えー、それだけ!?
それだけやねん。あとまだやってないけど、フォームとかもできる。選択肢を選んだり、空欄にテキストを入力して投稿とかの、アンケートやBBSで使われるやっちゃな。まあこれはおいといて、もちろんNetscape上ではできるんやけど、いざ表示してみると無視されんねん。ホームページ・ビルダーとかでは、前もってそのページが何用かを設定すれば、自動的にタグを制限(=使えるボタンを制限)するから便利やけどな。
まあなにいうてもいろいろやろうおもても無理なんやから、簡単やな。やったんでー!どりゃどりゃー!(入力)
よしゃ、できたな。こんなもんやろ。あれ、なんやこの手紙…(読む) 「例によってiモード用のタイトル画像を作っておいたので、使ってね☆by 管理人」やて。…ああそれやそれや。貼り付けてみ。
PictBearで描いたんやな…うわー!また微妙な画像やなー!手抜きやろけど、変な味が…。
やる気が感じられんな…。まあ携帯用の画像はとにかく軽いのにしないと読み込んでて容量オーバーになったらあかんからな。それにパンダやから、モノクロでも言い訳が通るし…。
しぶしぶ使おか、また。…よしゃ、こんなんでどや?


(註:見やすくするために全部左寄せにしてありますが、実際は最初と最後はセンタリングしてます)
上出来やな。あとは名前を付けて保存。そしてPC版のトップページにリンクはろや。そこでちょっと技見せたろやんけ。
なんや技いうて?
たいしたことないねんけどな。いざ携帯で見てもらうとき、やっぱりURLを入力してもらわなあかんねん。でもめんどくさいやろ、あの携帯のボタンで打ち込むの。
あれめんどいわー。どないしたらええんや?
めんどいから、パソからメールで携帯にURLを送ってやったらええねん。そのときに、メールリンクをクリックすると、もうメールの本文にURLが書いてある、っていうリンクを作っといたら、楽ちんやろ?
そんなんできるんか?
Netscapeはメールリンクのボタンがないから、リンクボタンを押して「mailto:宛先」ってするねんな。それを、こんなふうにしといたらええねん。

 mailto:@docomo.ne.jp?subject=(メールのタイトル)&body=(ページのURL)

これやったらリンクをクリックして、あとは(どこもユーザの場合)アカウントだけ入力したらええからな。僕らのページの場合やったら、

 mailto:@docomo.ne.jp?subject=mobilepanda&body=http://konchikishopanda.at.infoseek.co.jp/i/index.html

 っていうふうにすんねん。お金かけずにできる小さな親切やな。
でもこれは助かるわー。よしゃ、あとはアップロードすれば完成や。
携帯用のトップページがあるっちゅうだけでもええしな。何より簡単にできるから、まずこっちからチャレンジしてみるっちゅうのんも一つの方法やな。
なるほどね。あ、あと、自分が契約してるホームページサービスが、携帯サイトに対応してなかったらどないしたらええねん?
ぐっどくえすちょんや。台本に書いてあるからな。そういうときは携帯サイトを専門に無料スペースを貸し出すところと別に契約したらええ。そういうところも広告は入るけど、やっぱり専用サイトやから、広告も携帯用にすごく軽くしてくれててええ感じや。試してみる価値はあるかもな。有名どころでは、 とかがええんちゃうかな。いっぺん管理人の携帯サイトで、他の劇団さんの携帯サイトを見てみたら参考になるで。
よっしゃ!これでパソ持ってない劇団の人にもみてもらえるわー。
基本的に演劇人は貧乏やからな。作って一番喜んでもらえるのは携帯サイトという噂もちらほらやね。
切実やね。
簡単で喜んでもらえる(内輪で)携帯サイト、ぜひお試しを。それじゃまた次回に、チャオ!
←第7回に戻る 第9回に進む→

Performed by Grazie and Chao
彼らへのファンレターはこちらへ。

「劇団ホームページを作ろう!」トップページへ