劇団ひまわり 新潟シェイクスピアカンパニー&シアター代官山プロデュース『十二夜』[公演案内]
(2017-09-10 23:55:40) by まつもと


< ページ移動: 1 2 >

作/ウィリアム・シェイクスピア
訳・スーパーバイザー/松岡和子
演出/栗田芳宏


●公演会場 シアター代官山 東京都渋谷区恵比寿西2-12-12劇団ひまわり内 03-3476-0189
●公演日程 2017年9月13日(水)〜18日(月・祝) 完全Wキャスト
9/13(水)19時 星
9/14(木)19時 月 トークショー有 出演 松岡和子・シライケイタ/栗田芳宏
9/15(金)19時 星
9/16(土)13時 星 / 18時月
9/17(日)11時 月 / 16時 星
9/18(月・祝)13時 月
●チケット 金額 全席指定 前売・当日共 4,000円(税込) 両チームセット券7,000円(税込)
※3歳未満のお子様の入場はご遠慮ください 
※両チームセット券はCoRichチケット!のみのお取り扱いとなります
・お取扱い
カンフェティ 0120-240-540(※平日10:00〜18:00)
CoRichチケット!

●新潟シェイクスピアカンパニー(NSC)とは 演出家・俳優 栗田芳宏
新潟シェイクスピアカンパニーは、新潟から新しいシェイクスピアを世界に発信する信念のもと、演出家・俳優の栗田芳宏が翻訳家の松岡和子氏をパートナーとして、シェイクスピア劇をあらゆる角度から徹底的に読み解き、研究を重ね、これまでりゅーとぴあ能楽堂シリーズをはじめ、古典様式とリアルプレーの融合から成るシェイクスピアを数々世に送り出して来ました。なかでも、『冬物語』、『禅ハムレット』はヨーロッパシェイクスピア史に多大な衝撃を与えました。そのカンパニーが劇団ひまわり新潟スタジオのユニットとして、松岡和子氏をスーパーバイザーに迎え再出発をします。今後は代官山プロデュース公演として、新潟、東京をはじめ日本のみならず世界に向けたシェイクスピア劇を目指します。


 東京にて、劇団ひまわり 新潟シェイクスピアカンパニー&シアター代官山プロデュース『十二夜』が上演されます。
 「◆イントロダクション シェイクスピアが書いた最後の喜劇といわれる『十二夜』。シェイクスピアの演出で海外にも認められている栗田芳宏(劇団ひまわり新潟スタジオ所長)が演出するこのプロダクションに、カンパニーに翻訳以外で関わることのあまりない松岡和子氏がスーパーバイザーとして名前を並べてくださることになりました。キリストが生まれたクリスマスから数えて12日目に行われる公現祭の夜は、召使いが主人のような服装をし、男女も衣服を取り替えてどんちゃん騒ぎで祝う日とされていました。このどんちゃん騒ぎの夜に初演されたという『十二夜』は、『男女の双子の入れ違いによる混乱』、『恋の三角関係』、『酔っぱらいの悪ふざけ』と、舞台の上も祝祭と同じようにバタバタとエピソードが重なって大騒ぎになりますが・・・。新潟シェイクスピアカンパニーのメンバーと、劇団ひまわりシアター代官山プロデュースのメンバーとが、シャッフルのWキャストで、お目にかけます。

< ページ移動: 1 2 >


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る


Powered by
MT4i 3.1b3