<投稿情報のメール サンプル>

このページをごらんになってらっしゃるあなた、メールを出そうと思っていらっしゃいますね?ありがとうございます。演劇交差点は、みなさんの情報共有の場、"Share Site"ですので、みなさんの情報あっての当ページというわけです。よろしくお願いします。
○掲載形式

 情報の掲載に当たっては、必要な情報が的確に入手できるように、新聞調の記事をみなさんから寄せられた情報をもとに私が作ることにしています。新聞調の記事というのは個人的な趣味もありますが、劇団によって格差がでないようにとの配慮と、あと人が見たときに立派そうに見えるからです。ですので、なるべく寄せられた情報は掲載することにしますが、メールの文面がめっちゃ長い場合は、こちらで適宜省略させていただきますので、ご了承ください。


○どんな内容を知らせたらいいのかなぁ

 情報の掲載に当たっては、みなさんから寄せられた情報をもとに私が作ることにしています。しかしたいていはみなさんのお寄せいただいた通り掲載します。

 劇団募集情報は、(1)募集情報、(2)ワークショップ・その他、という2ジャンルに分けています。募集情報は、劇団員・キャスト・スタッフなどなど、必要なメンバーを集めるような情報を掲載しています。そしてワークショップ・その他には、劇団や自治体の主催するワークショップ、そして3ジャンルに当てはまらない募集情報をまとめています。
 各ジャンルによってお寄せいただく情報の内容は違うかもしれませんが、だいたいは、
  • 劇団名
  • 募集する内容 例:劇団員募集、役者募集、ワークショップ参加者募集、など
  • 公演やワークショップの日程
  • 募集する条件
  • 練習場所、時間
  • お問い合わせ先(メール、TELなど)
  • ホームページURL
  • 投稿される方のお名前(芸名でも結構です)
 などです。太字の項目は必須です。そりゃそうですね。

 論より証拠、見本を作ってみました。架空の劇団「こんちきしょうパンダ」の架空の劇団員募集情報メールです。このようなメールだとほんとにそのまま掲載されます。

<劇団員募集情報の例>


劇団こんちきしょうパンダ
劇団員大募集!



 わたしたちは、松山で活動している劇団、こんちきしょうパンダです。このたび、劇団員を募集することにしました。
 大体年2回のペースで公演をしています。去年の夏の公演『まりも・まりも・まりも』では、北海道マリモ保存会から感謝状をいただきました。そして去年のクリスマス公演『タイホされちった』では、松山・マカオ・ローマ3カ所で、過去最高の1000人(うちマカオ900人)の観客動員を達成しました。今年は電流爆破30分3本公演予定など、さらに勢いを増しています。私たちといっしょに、いろんな意味で伝説を作りませんか?
 年齢、経験は問いません。とにかくお芝居が好きな方をお待ちしています。練習は週3回、公演前には毎日やります。練習場所は不定で、市内を転々としています。役者にもスタッフ作業をやってもらいます。今少し、大道具スタッフが不足しています。
 お問い合わせは、0123-45-6789(ヘンデル小池)、またはrichard@engeki.orgまで。


劇団こんちきしょうパンダのホームページ:http://engeki.org/


<オーディション情報の例>

劇団こんちきしょうパンダ 卯月公演 出演者大募集!


こんにちは。松山で活動している劇団こんちきしょうパンダです。
このたび、卯月公演「机ごと捨てろ」(作・演出:バッハ塚本)において、大量のダンサーを必要とすることになりました。どしどし応募してください。

募集人数:100人
募集条件:年齢、性別不問。ダンスの経験があるとうれしいですが、なくても結構です。
あらすじ:
おきゃんぴーなヒロイン烏まりあは、あるとき給食のパンをあとでもって帰ろうと思って机の中に入れたままついつい忘れてしまう。2週間後、ひょんなことでよくわからない妖精の怒りをかってしまい、身体をミクロサイズに縮められ、机の中に放り出される。その中はちょっとひどいことになっていたが、たちまち菌類と仲良くなったまりあ。しかし机をこのままにしておいてはもとのサイズにも戻れないし、あと1ヶ月と迫った世界でこぴん選手権の練習もままならない。そんな彼女の不安をよそに、菌類たちはいきいきと、毒きのこへの出世をめざして汗を流す。まりあは無事もとの姿に戻れるのか?伝説の必殺技、「スペシャル・ローリング・でこぴん」の封印を解くのは今だ!

役どころ:ダンサーのみなさんは全員机の中の菌類になっていただき、シーンの節目節目で祈りのダンスを踊っていただきます。その他菌類の成長の様子なども表現していただきます。
備考:残念ながら報酬は出ませんが、本番前日・当日のお弁当代は出させていただきます。大人数なのでご容赦下さい。

なにしろ人数が必要です。桜舞い散る卯月、みなさん菌類になって胞子をとばしてみませんか?お待ちしています。


お問い合わせ:0123-45-6789(ヘンデル小池)、
メール:richard@engeki.org


劇団こんちきしょうパンダのホームページ:http://engeki.org/

 …こんな劇団があるんなら見せてみいという感じですが、こんな感じになります。
 もちろんアピールするところはどんどんして下さい。しかしはじめてお芝居に携わる人にもわかりやすいように、どんなお芝居をしているか、練習時間・場所など、書き添えていただけると連絡も多く来るというものです。
 そして、せっかくホームページで情報を掲載するんですから、その利点を生かして、お芝居についての問い合わせ先のメールアドレスがあると便利でしょう。
 あと、投稿していただいた方のお名前があると、こちらの感謝の気持ちが伝えやすいので、お願いします。もちろん芸名でも結構です。名無しメールってちょっとやなので。

○必要事項はくわしく

 劇団募集情報はその性質柄、情報をお寄せいただく際には、必要なことはかならずくわしく書いておいて下さい。劇団名も芝居の内容も、練習場所もなく、ただメンバー募集と連絡先だけ書いてあると、見ようによってはいかがわしい情報とうけとられる可能性もあります。注意しましょう。
 でもご自身が応募する立場になって考えれば、情報量の少ない劇団に問い合わせるとはあまり考えにくいですよね。たまーに「つべこべいわずにとにかくこい!」みたいな投稿があって困惑します。もちろん発信側としてはそのまま掲載するわけですが、そのつべこべの部分が知りたいからHPをみるわけでして。お金と時間を投入するに足る情報を提供する方がいいですよね。いい劇団員を確保するためです。がんばりましょう!
 あと、劇団ではなく個人で募集する場合、内容は書いてあってもよく「○○区でコメディをやっている者です」「自主映画を作っている者です」、あるいは学生さんで「○○大学の者です」という書き込みをいただくことがありますが、きっとそれではお問い合わせを受けにくいと思います。「消防署の方からきた」みたいで、あまり信用度がないっぽいですので、そういうときはお名前があった方がいいと思います。


○掲載期間について


 オーディション情報、ワークショップ情報は、公演日・ワークショップ日が過ぎると、掲載を終了させていただきます。そりゃそうですね。特に締めきりのない劇団員募集情報は2ヶ月後を締め切りにさせていただきます。もしもう必要なくなったり、あるいは追加情報などございましたら、ご連絡いただければそのように対応します。


○再掲はうけたまわっておりません

 中には宣伝効果を高めるために1週間おきくらいにメールや書き込みをいただく方もいらっしゃるのですが、基本的に再掲はうけたまわっておりません。どうしてもというときは掲示板の方に書き込まれるといいと思います。あちらはご自由にお使いください。しかし書き込みのルールはきっちり守ってくださいね。


 いろいろ細かいことを申しましたが、不明なことがありましたらその旨をメールにお書き添えくだされば結構ですので、まずはメールを下さい。

劇団募集情報のメールはこちら!

お芝居会議室「なぐり」はこちら!