お芝居は、好きですか。

地域別:  北海道 (4) |  東北 (6) |  関東 (1946) |  東海 (34) |  北陸 (7) |  近畿 (236) |  中国 (20) |  四国 (11) |  九州・沖縄 (44) | 

演劇交差点twitter : Follow us!

主なコンテンツ:  公演案内 (915) |  募集情報 (1276) |  劇団リンク (4) |  お役立ち情報 (26) |  演劇イベント情報 (18) | 

携帯用サイト →QR | URL送信 | RSSリンク

ようこそ

  • このページは、すべての演劇に携わる方のための総合演劇ニュースサイトです。お芝居を作る・観る方々には気軽に情報を発信・収集する場として、また現在あまりお芝居になじみのない方が、お芝居を観るきっかけにもなるようなページにしたいと思っています。
    当ページはみなさまの情報をもとに作り上げていくページ(=Share Site)です。こちらのフォームからどしどし情報をお寄せください。
  • <ご注意>
    ○掲載の可否は管理人が判断しますが、再掲には1ヶ月程度あいだをあけることにしています。ご了承ください。
    ○投稿の際はこちらの見本をご参考下さい。情報には必ず拠点としている地域名(東京、西宮市など)をお書き添え願いします。
    ○はじめての方は、こちらをごらんください。
    ○リンク・フリーです。リンク集の片隅にぜひ。

サイト内検索

最近のエントリー

もうすぐ公演

もうすぐ募集締め切り

2018年7月17日

 CEDAR Produce vol.4『建築家とアッシリア皇帝』

作:フェルナンド・アラバール 翻訳:利光哲夫 演出:松森望宏
建築家:桧山征翔 皇帝:尾尻征大

@荻窪小劇場
8月9日(木)18:30
8月10日(金)13:00/18:30
8月11日(土)13:00/18:30
8月12日(日)12:00/17:30
前売:2.980円 当日:3.500円


 東京にて、CEDAR Produce vol.4『建築家とアッシリア皇帝』が上演されます。
 「8月9日(木)~8月12日まで東京・荻窪小劇場にてCEDARの新作『建築家とアッシリア皇帝』が上演される。CEDARは演出家:松森望宏と俳優:桧山征翔と尾尻征大の演劇ユニット。今作は第4回公演。フランス不条理演劇の巨匠フェルナンド・アラバールの傑作戯曲にCEDARが体当たりで挑戦する。砂漠もどきの孤島に旅客機が墜落、島唯一の住民で自然を操れる建築家の前に、事故生き残りのアッシリア皇帝と称する男が衣装たっぷり詰まった鞄とともに登場。自然と文化を象徴するふたりは、退屈しのぎに暴君と奴隷、母と子、犬と盲人、裁判官と被告等々役をつくり《ごっこ遊び》を続ける。ふたりのあそびの行き着く先は・・・? 人間の深層心理に迫る、残酷かつ美しい舞台。哲学性と硬派な舞台ではあるが、初心者でも十分楽しめる舞台となっている。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

CEDARホームページ


(松森さん、お知らせありがとうございます。)

22:16 Category: [公演案内] [関東]

 雑文7/17

昨日は自分の講義の試験があって、一生懸命採点していました。遅くまで。

今日はこまごま片付けたりゆっくりしていました。

MLBのホームランダービーすごかったです。ハーパーのお父さんがすごい。

20:18 Category: [雑文]

2018年7月15日

 演劇企画イロトリドリノハナ第一回公演『明日ー1945年8月8日・長崎ー』

第30回池袋演劇祭参加公演 演劇企画イロトリドリノハナ第一回公演『明日ー1945年8月8日・長崎ー』

原作 井上光晴
脚本・演出 森下知香 
☆出演 
狩野 謙・加藤 大騎・浅井 透麻・佐藤 英征・鯨井 智充 清水 由紀・坂浦 洋子・白須 陽子・重松 愛子・伊藤 さつき・神月 叶・原 妃とみ・高橋 恵里
☆スタッフ
舞台監督・舞台美術:入倉津 照明:榊原大輔 音楽:余田崇徳
宣伝美術:手嶋理絵(Création-R) 映像記録:平島保
企画制作:演劇企画イロトリドリノハナ


 
☆期間 2018年9月19日(水) ~2017年9月24日(月祝)
☆公演日・開演時間
9月19日(水)19:00
9月20日(木)19:00
9月21日(金)14:00 / 19:00
9月22日(土)14:00 / 19:00
9月23日(日)12:00 / 17:00
9月24日(月祝)14:00
※開場は開演の30分前(1時間前より整理券配布) 
☆劇場 シアターKASSAI 池袋駅徒歩8分 東京都豊島区東池袋1-45-2 03-5944-9227
☆料金 前売一般 3500円 17歳以下 2500円(前当共) ペア券 6500円 (前売のみ) 当日一般 3800円
☆チケット販売 
団体メール こちらのメール
コリッチチケット PC用 携帯用
カンフェティWEB予約(カンフェティWEBでの購入は会員登録が必要です)
カンフェティチケットセンター 0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)
チケットを、事前にセブンイレブンで受け取ることができます。お得なカンフェティ席や無料託児サービスもございますので、どうぞご利用ください。

団体紹介 劇団光希の森下知香が新たに起ち上げた団体です。その名の通り、一つの色にこだわらず、自由に多彩な花を咲かせたい、と考えております。


 東京にて、第30回池袋演劇祭参加公演 演劇企画イロトリドリノハナ第一回公演『明日ー1945年8月8日・長崎ー』が上演されます。
 「その日、長崎の浦上で、中川庄治と三浦ヤエの結婚式が行われていた。慎ましくはあっても、晴れやかに若い二人の人生の門出を祝う、家族や友人たち。たくさんの困難を抱えながらも、明日に希望を持ち、助け合い、精一杯生きる彼らに待ち受ける運命とは......。戦時下であっても幸せに生きるある家族とその周囲の人々の日常を描く。ささやかな幸せを願い、ひたむきに生きる人々の姿を通して、生きることの意味を問いかける作品。第30回池袋演劇祭参加作品。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


演劇企画イロトリドリノハナホームページ

 

(森下さん、お知らせありがとうございます。)

20:31 Category: [公演案内] [関東]

 劇団歌舞人平成30年度下半期 全国ツアー公演 主要キャストオーディション

劇団歌舞人は全国の小中学校、ホール を巡演する児童向け演劇の劇団です。夢と感動の創造をコンセプトに、未来ある子供たちのための、希望あふれるステージを日々制作しております。
あなたも私たちと一緒に全国に夢と感動の時間を届けに行きませんか?

【演目】イリュージョンミュージカル『アラジンと魔法のランプ』
プロジェクションマッピングミュージカル『シンドバッドの冒険』
パフォーマンスミュージカル『ドンキホーテの冒険』
アクションアクロバット活劇『西遊記』
【公演数】年間約250公演
【観客動員数】年間約30万人
【報酬】1公演日 \1万1千~ ※能力や経験に応じてUPします!
※その他手当て有り。※チケットノルマ、登録料、レッスン料等をいただくことは一切ありません。
【応募資格】
・20歳以上(但し学生不可)
・ミュージカル、ストレートプレイが好きな方
・私たちと一緒に情熱をもって作品作りに取り組んでくださる方
【仕事内容】舞台出演(一人一役以上) 舞台設営・スタッフ業務
【稽古期間】8月〜9月上旬
※8/8〜10、22〜24、29〜31日は合宿稽古になります。参加できる方優先。
※その他にも追加稽古を予定していますが、そちらに関しては合格者の方と相談でスケジュールを組んでまいります。
【出演期間】年間業務委託契約 平成30年9月~平成31年3月

【オーディション】
1、書類審査 最終締切は7月25日。写真(バストアップ)を添付し、下記必要事項を記入したメールをこちらのメールまでご送信ください。書類審査の上、審査結果をご連絡させて頂きます。
〈プロフィールの必須項目〉お名前(芸名) 生年月日 身長体重 出演歴 レッスン歴 趣味特技 資格 自己PR ご連絡先お電話番号 メールアドレス ご住所
2、面接及び実技審査
・書類審査を合格された方を対象に随時、当劇団の公演や仕事内容についての説明及び個人面接会を実施させていただきます。面接会会場は都内を予定しています。
・実技審査 8/2に埼玉県越谷市の施設にて行います。※NGの場合はお早めにご相談ください。
【その他】ご質問やご要望がございましたら下記担当者までメールにてお問い合わせください。
皆様のご応募、心よりお待ちしております。

劇団歌舞人人事採用係 担当:六ツ崎(ムツザキ)
TEL 03-5856-9632 FAX 03-5856-9634 メール こちらのメール
※当劇団の今年度の活動を下記ブログやFacebookページに掲載しております。ぜひ、ご覧くださいませ。
劇団歌舞人HP 劇団歌舞人のブログ

(六ツ崎さん、お知らせありがとうございます。)

20:21 Category: [募集情報] [関東]

 雑文7/15

今日は午前中ちょっとした用事で買い物にいったのですが、人いっぱいですぐ帰ってきました。

午後はこまごま片付けたりしていました。

シカゴの旅行ガイド買ってきました。8月にいくのですが、初アメリカなので心配。

19:34 Category: [雑文]

2018年7月14日

 Project Nyx「星の王子さま」

作・演出:作:寺山修司 構成・美術:宇野亞喜良 演出:金守珍
キャスト:水嶋カンナ、江本純子、遠藤好、佐藤梟、傳田圭菜、森永理科、日和佐美香、柏木亜優美、史椛穂、金井由妃、本山由乃、寺田結美、落合苗穂子/若林美保、ヴィヴィアン佐藤、エロチカ・バンブー、フラワー・メグ、中山ラビ 《演奏・出演》 黒色すみれ 《人形遣い》 ルナティコ
スタッフ:照明:泉次雄+ライズ/ 舞台美術・衣装:宇野亞喜良/ 美術・衣装助手:野村直子/ 音響:大貫誉/ 振付:大川妙子/ 衣装製作:前田和美/ 宣伝美術:宇野亞喜良/福田真一 /プロデューサー:水嶋カンナ/制作:Project Nyx/ 制作協力:JSK/新宿梁山泊


日時:2018年 9月16日(日)~9月21日(金)   16(日)14:00 / 18:30☆ 17(月・祝)14:00★ / 18:30☆ 18(火)19:00◎ 19(水)14:00★ / 19:00 20(木)19:00 21(金)14:00 ☆フォトセッション 16日(日),、17日(日・祝)18:30の回終演後 =ステージ上のキャスト集合写真撮影タイムあり   ★アフタートーク 17日(月・祝)14:00の回終演後 若林美保、フラワーメグ、エロチカバンブー、水嶋カンナ 19日(水)14:00の回終演後 江本純子、ヴィヴィアン佐藤、中山ラビ、水嶋カンナ   ◎舞台美術観覧ツアー 18日(火)19:00の回終演後 宇野亞喜良の舞台美術をご観覧、撮影いただけます。
場所:東京芸術劇場 シアターウエスト
料金:プレミアムシート 6000円 (センター前方席・スペシャルお土産付き) 一般 4,500円 当日 5,000円 学生シート 3,000円(前売当日共・限定席) * 学生シート:限定席。当日要学生証。


 東京にて、Project Nyx「星の王子さま」が上演されます。
 「'星の王子さま'を愛し続け、恐怖の老処女となった女主人・ウワバミのホテルに、男装の麗人オーマイパパとその娘、点子が訪れる。ウワバミは、点子に一緒に星の王子さまになるように迫り、縛り上げる。それを助けた女中のヒツジも実は怪人であった。豹変したヒツジと3人の謎の麗人たちが、点子に襲いかかる。一方、オーマイパパは、ホテルの一室で点灯夫と出合い、新聞記事から、自分が夫を殺し、男装をして逃走していることを知られてしまう。男臭い点灯夫の腕の中で、どうしようもない女の性を感じ落ちていくオーマイパパ。それを、ひややかに見つめるウワバミ。ウワバミと点子の間で、童話の中の純粋さと、現実の醜さ、美しさが対立し交錯する。そして、サン・テクジュペリの星の王子さまが、出した答えは・・・。
 妖しく華麗なエンターテインメント美女劇の第一弾となった、Project Nyxの代表作『星の王子さま』が今再び!!寺山修司とサンテクジュベリを交錯させた宇野亞喜良の斬新な構成と、アバンギャルドなビジュアルでお届けする、乙女の夢と憧れと希望、そして、その裏に併せもつ残酷さと現実!!」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

Project Nyxホームページ

(傳田さん、お知らせありがとうございます。)

20:48 Category: [公演案内] [関東]

 劇団ボンボヤージュ!【8/11(土)@新橋】社畜にささげる歌ネタ芝居を題材に演劇ワークショップをやります

劇団ボンボヤージュ!演劇ワークショップ(兼 出演者募集)
『社畜にささげる歌ネタ芝居で遊ぶ』

劇団ボンボヤージュ!は、劇場に来たお客様を"非日常のエンターテインメントの旅へ招待する"をモットーに、ナンセンスでシニカルな笑いのある、肩の凝らないふらっと観に来れる芝居づくりを目指している社会人劇団です。この度、ボンボヤージュ!の得意分野を体験しながら、ワークショップで一緒に遊んでくれる方々を大募集します。この団体アリだなと思っていただけたら、次回公演(2019/2/9~11)の出演希望も承りますので、ぜひお気軽にご応募ください!
【日 時】8月11日(土)13:00~18:00
【場 所】新橋(JR新橋駅烏森口12:45集合)
【参加費】500円(場所代・印刷代)

◆参加希望・お問合せ [1]お名前(ふりがな) [2]演劇歴(初心者、劇団に所属中、久しぶりに...など) [3]ご応募のきっかけ(+その他何かあれば) をご記入の上、下記へメールをお願いします。こちらのメール(くまがい)

◆ワークショップの内容
『 歌ネタ × 遊び心 』ボンボヤージュ!が得意とする、歌ネタを使って遊びます。役者の遊び心を存分に尊重して、一緒に自由にアイディアを出し合いながら、短い芝居やシーンを組み立てていきます。今回は、ブラック企業に勤める社畜たちの嘆きなどを題材にします。ぜひボンボヤージュ!の雰囲気を体感してみてください。
◆こんな人にオススメ
・土日休みの仕事をしてい平日は忙しいので、土日を使ってワークショップや稽古ができる団体を探している。
・オーディションを兼ねているようなワークショップだとハードルが高いので、シンプルに演劇で気軽に遊べるようなワークショップを探している。
・カラオケとか好きだし、なんならいつか舞台で歌うことを画策しているんだけど、そうは言ってもなかなか機会がない。
・ミュージカル好きで、ミュージカルネタは割と分かるしやってみたいけど自分がやるとなるとハードルが高くて困ってる。
・演劇で歌っちゃうのって冷めるしあんまり好きじゃないんだけど、ボンボヤージュ!にはそれを変える可能性を感じる。
・劇団ボンボヤージュ!のファンだし、代表くまがいじゃるの作風が好み。
*過去公演動画あります。Gmail宛にお問い合わせください
※劇団ボンボヤージュ!は歌ネタはやりますが、別にミュージカル劇団ではありませんのでお気軽にご参加ください。

みなさまのご参加を心待ちにしています!
劇団ボンボヤージュ!ホームページ

(くまがいさん、お知らせありがとうございます。)

20:46 Category: [募集情報] [関東]

 雑文7/14

今日は午前中に少し歩きに行ってきました。

暑いのはわかっていましたが、ここでしっかり汗をかいておくことが大事なので。でも暑かったです。

これでもう少し快適に過ごせれば。

19:53 Category: [雑文]

2018年7月13日

 東京バビロン演劇祭2018

【企画プロデューサー】岡村洋次郎【審査員】柾木博行(演劇評論家:演劇誌シアター・アーツ執筆)/ラモーナ・ツァラヌ(演劇評論家:批評サイト『文学金魚』)【チラシ原画】斎藤永次郎【制作】坂本康郎

日時:2018年7月~8月
場所:シアター・バビロンの流れのほとりにて (東京メトロ南北線 王子神谷駅 徒歩12分)料金:各作品による。フェスティバル通し券 6,300円
『東京バビロン演劇祭2018 フェスティバル通し券』(オーディエンス賞 投票券つき) 6,300円

bug-depayse 『愚頭 -guzu-』
7月27日(金) 19:00
7月28日(土) 14:00/19:00 ★
7月29日(日) 14:00 ★
※受付開始・開場は開演の30分前。★の回はアフタートークあり。詳細は劇団の公式サイトでお知らせいたします。

le 9 juin『娘、父、わたしたち』
8月3日(金) 19:30
8月4日(土) 14:00/18:30
8月5日(日) 14:00/18:30
※受付開始・開場は開演の30分前。

Charmer Company ミュージカル『アンデッドウォー』
8月8日(水) 19:00
8月9日(木) 19:00
8月10日(金) 19:00
8月11日(土) 13:00 ★/18:00
8月12日(日) 11:00 ★/15:00
※受付開始・開場は開演の30分前。★の回はアフタートークあり。

園 『そうかもしれない』
8月16日(木) 19:30
8月17日(金) 19:30 ★
8月18日(土) 14:00/19:30 ★
8月19日(日) 14:00
※受付開始・開場は開演の30分前。★の回はアフタートークあり。

体現帝国 第七回公演『白雪姫』
●試演会 7月16日(月) 19:00
●観劇の為の劇解剖ワークショップ 8月22日(水) 18:00~21:00
●本公演
8月24日(金) 19:30
8月25日(土) 15:00/19:30
8月26日(日) 15:00
※ワークショップ・公演ともに開場は開演の30分前。

一般公募を含む5団体が参加。お互いの作品の観劇や意見交換を行うことで、舞台表現を見つめ直すことを目的とした演劇祭。通し券はオーディエンス賞の投票券つき6,300円で予約受付中。

 東京にて、東京バビロン演劇祭2018が開催されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


東京バビロン演劇祭2018ホームページ


(坂本さん、お知らせありがとうございます。)

20:54 Category: [演劇イベント情報] [関東]

 阿彌 7/23(月) 24(火) 阿彌 公開稽古 参加者募集/11月公演 出演者募集

■公開稽古について
台本に入る前の、誰でも直ぐに参加出来る、しかし阿彌の重要な稽古を体験してください。初心者の方、大歓迎します。相談の上、続けて11月本公演に向けての稽古に参加いただく事も可能です。(公演参加の場合はチケットノルマがございます)

■11月公演について
私たち阿彌は、前衛と伝統がせめぎ合う『前衛的現代能』の舞台に、阿彌独自の新しいメソッドで挑戦しております。今回の舞台では、20世紀末から21世紀にかけておこった事件(宮崎勤・酒鬼薔薇聖斗・佐世保少女刺殺事etc.)をモチーフにした、『静かなる傾斜』の決定版に取り組みます。ポスト舞踏を展開し続ける異能のコレオグラファー・大橋可也(大橋可也&ダンサーズ)【http://dancehardcore.com】、舞台の映像詩人ヒグマ春夫【http://higuma.v333.ch】を迎えて、この大虚無の世紀に、プリミティブな<光>の顕現を期待する舞台に挑戦します。
【阿彌主宰 岡村洋次郎 プロフィール】(故)竹内(敏晴)・演劇研究所にて、『命のレッスン』(5年間)を通して身体性の恢復を経験する。観世流能楽師(故)観世栄夫に師事(8年間)。能楽の身体的言語を通して舞台創造の根源に触れる。1994年 阿彌(劇団)を結成。
【公演履歴】
2013年11月 日英交流400年記念事業『ネアンデルタールの森に雨は降っている』
大和日英基金、wales arts international 助成
2017年5月 第16回公演『阿彌南陀無 aminadabu』 客演:観世流能楽師・鵜澤久
【日程】2018年7月23日(月)、24日(火) 19:00~22:00 ※開場は18:30、原則として2日間の参加のみ。
【参加費】1,000円 ※2日間の参加費です。初日に会場でお支払いください。
【会場】シアター・バビロンの流れのほとりにて 114-0003 東京都北区豊島7-26-19 東京メトロ南北線『王子神谷駅』徒歩12分
【応募方法】以下の必要事項をメールでお送りください。1.氏名、2.年齢、3.電話番号、4.メールアドレス
【応募締切】7月22日(日)

【応募・お問い合わせ先】こちらのメール 03-3927-5482(12:00~20:00) 東京バビロン内 阿彌 公開稽古 受付係
※劇団では随時、制作者を募集しております。詳細は上記の応募・お問い合わせ先までお気軽にお尋ねください。

(お知らせありがとうございます。)

20:50 Category: [募集情報] [関東]

 die pratze 現代劇作家シリーズ9『日本国憲法』参加団体募集! 締切:8/17

現代劇作家シリーズ9『日本国憲法』参加団体(演劇・ダンス・パフォーマンス)募集!

フェスティバル参加団体が共通の現代戯曲を上演する『現代劇作家シリーズ』の第9弾。これまでの題材はブレヒト、イヨネスコ、アラバール、寺山修司、サルトル、ベケット、別役実、ハイナー・ミュラー。今回は『日本国憲法』をテキストにします。1947年に施行されて以来、日本の政治や社会と密接な関係であり続けている『日本国憲法』に対して今日の舞台芸術はどのように応答するのか。演劇、ダンス、パフォーマンス・アートなど表現方法は不問です。沢山のご応募をお待ちしています!!

◉公演形態
[1]打合せ1日、公演2~3日間/計3~4日間
[2]公演数は2~5ステージ(1ステージ上演時間60分以内厳守)
[3]1公演2団体による2本立て
◉入場料
前売 2,500円 前売学生 2,200円
当日 2,800円 当日学生 2,500円
通し券 6,800円 通し券学生 5,800円
◉金銭的条件
[1]参加団体ごとに入場料収入の2/3が収入となります。また通し券につきましてはフェス側の収入とさせていただきます。
[2]下記金額を、舞台スタッフ費としてご参加団体に負担いただきます。3日間52,000円 4日間69,000円 ※内訳:照明×2人 音響×1人 舞台監督[進行役]×1人
◉応募条件
[1]『日本国憲法』の上演
※『日本国憲法』を使用して頂ければ構成は問いません。但し上演時間厳守でお願いします。
※『日本国憲法』は各団体の裁量で抜粋・改変して構いません。
[2]劇場のキャパシティは約110席です。※1ステージあたりの客席の割振りは50席×2団体です。
[3]転換は簡単なもので5分以内となります。
[4]1ステージ当たりの入場者数が30枚(関東以外の場合20枚)に満たない場合、30枚×2,500円×1/3をお支払い頂きます。
[5]スタッフは基本的にこちらで手配します。
※団体側で連れてきたスタッフの費用は自己負担。また、フェス側のスタッフ費は発生いたします。

その他詳細はこちらのウェブサイトをご確認下さい。参加申し込みはHPの参加申し込みフォーム、もしくは、メール・郵送にてご連絡下さい。締切は2018年8月17日(金)までとなります。
【問合せ】d-倉庫 03-5811-5399(月曜定休18:00~23:00) 担当:金原知輝、川村和央、林慶一 メールはこちら

(お知らせありがとうございます。)

20:48 Category: [募集情報] [関東]

 雑文7/13

なんだか時差ぼけのせいか、朝が起きられません。

午前中は学校いってこまごまやって、午後は英会話のあと買い物とかしていました。

オールスターを早送りしながらみています。マツザカにおそいかかるパ・リーグ打線。

19:56 Category: [雑文]

2018年7月12日

 雑文7/12

今日はメンテナンスデーです。

ゼミ生とバーベキューしにいってきました。すごいたのしかったです。

なぜか浅瀬の川を渡ることになって、僕が最初に行ってみたのですが、飛び石案は僕が川に入ってしまったのでなし。浅いところを裸足で渡るということにしました。献身的!

バーベはいい肉を買ってくれたのでとてもよかったです。いい日でした。

23:11 Category: [雑文]

2018年7月11日

 鳥の劇場『こんにちは!?ロマンス ~恋だろうか?うん、恋だよ~』

作・演出:演出:ヤン・ジンソク 作曲:ミンドゥルレ 作家:ビョン・ヒョジン 振付:キム・ウンチョン
キャスト:出演:安山文化財団 青少年劇団『コドゥンオ』(クォン・ミンジョン キム・ナユン キム・ナムギュ キム・ナミ キム・ジュヒ ペク・スンジュ ソ・ユリム ソン・ジョンウン アン・ジュヨン オ・ヘリム イ・ドンフン イ・ジェグォン イ・ジミン イ・ハラ リッタ ジョン・ウヨン ジョン・イェチャン ファン・イェビン)


日時:2018/7/28 14:00開演
場所:会場:鳥の劇場 〒689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1
料金:当日:大人1000円 高校生以下無料

 鳥取にて、『こんにちは!?ロマンス ~恋だろうか?うん、恋だよ~』が上演されます。
 「あらすじ(三部構成)
 ストーリー その1『お調子者の問題児でも大丈夫』勉強ができるウナにいつも振られっぱなしだけど、彼女のハートを射止めたいドンチ。ウナはドンチに期末試験で平均80点以上を取ったら考えてあげると条件を出す。自他共に認めるAVマニアでゲームオタクのカン・ドンチ、そんな彼の恋を叶えるための孤軍奮闘は果たして成功するのでしょうか?
 ストーリー その2『ドキドキのファーストキス』純情なキナムだったが、長年付き合っている彼女のナヨンを見るとチューしたくてたまらなくなる。ナヨンはキナムが自分のことを避けるので倦怠期だと誤解してしまう。相談するところがなくて友達にアドバイスを頼むが状況はますます悪くなるばかり...
 ストーリー その3 『私の小説の主人公は...』物静かな文学少女、ノウルはモテ男のヨンソンに片思いをし、ユリはその二人にやきもちを焼く。学校に残ってこっそり自分のノートにヨンソンを主人公とした小説を書くノウル。そんなある日、ノウルのノートがユリの手に渡り大騒ぎになる。
 韓国京畿道の安山文化財団とともに開催する日韓高校生交流事業の第二弾。安山市の高校生が参加する青少年劇団『コドゥンオ』と鳥取の高校生が、ワークショップと観劇を二つの軸として交流を行います。国家間の歴史をめぐる問題が取りざたされ続ける中、若い世代が出会い、演劇を切り口にしながら相互の認識を深めることは、東アジアの新しい未来のための第一歩になるはずです。ワークショップは鳥取県内の高校生が対象です。観劇はどなたでもご参加いただけます。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


鳥の劇場ホームページ

(藤岡さん、お知らせありがとうございます。)

22:12 Category: [公演案内] [関東]

 鳥の劇場 じゆう劇場 短編作品上演 『いらっしゃいませ、ウォルマートへ』/『たぶん、朝食の後に』

■米子公演
日時:7月17日(火) 18:00開演
会場:手話カフェSign(米子市道笑町1丁目4)
出演:『いらっしゃいませ、ウォルマートへ』島田ひかる 齊藤頼陽/『たぶん、朝食の後に』井谷優太 武内美津子
(上演後にアフタートークがあります。)
■鳥取公演
日時:7月19日(木) 19:00開演
会場:鳥取大学芸術文化センター アートプラザ(鳥取市湖山町南4丁目101)
出演:『いらっしゃいませ、ウォルマートへ』福角幸子 齊藤頼陽/『たぶん、朝食の後に』井谷優太 武内美津子
(上演後にアフタートークがあります。)
全公演 入場無料
◎両公演に手話通訳あります。
◎小さな会場での上演ですので事前のご予約をお願いします。
◎ご予約は、こちらでお受けします。


 鳥取にて、鳥の劇場 じゆう劇場 短編作品上演 『いらっしゃいませ、ウォルマートへ』/『たぶん、朝食の後に』が上演されます。
 「障がいのある人とない人がいっしょに舞台をつくるじゆう劇場です。演劇をやりながら、障がいのある人とない人が支えあってともに生きる新しい『じゆう』の形をさがしています。今年は、セリフ劇にも挑戦します。アメリカの若い現代劇作家が『障がい』を主題に書いた短編です。大きなセットとか照明のいらないコンパクトな作品です。鳥取県内のいろいろなところに出前します。新しいお客さんに出会いたいと思っているので、ぜひお越しください。鳥の劇場芸術監督 中島諒人」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、鳥の劇場 689-0405 鳥取県鳥取市鹿野町鹿野1812-1 電話・ファックス:(0857)84-3268 電子メール:こちらのメールまで。


鳥の劇場ホームページ

(藤岡さん、お知らせありがとうございます。)

22:07 Category: [公演案内] [中国]

2018年7月10日

 すこやかクラブプレゼンツ 真夏のたちかわ怪奇クラブ2018

すこやかクラブプレゼンツ真夏のたちかわ怪奇クラブ2018

真夏の小学校を舞台にした、ヘンテコゆかいな演劇イベント!今年の怪奇クラブは、ツアー形式。職員室や教室でおこなわれるパフォーマンスをガイドの案内のもと、みんなで見てまわります。最後は屋上で盆踊り!!

日時 7月27日(金)18:30受付19:00開演 28日(土) 14:00受付 14:30開演  17:30受付 18:00開演
※各回定員60名です。お早めのご予約をおすすめいたします。
※上演時間はおよそ一時間弱を予定しています。
※28日夜の回は終演後19:30より、屋上から昭和記念公園の花火が鑑賞できます。
料金 前売り 一般・1500円 立川市在住在勤・1000円 中学生以下・300円 未就学児・無料
当日 一般・1800円 立川市在住在勤・1300円 中学生以下・500円
会場 たちかわ創造舎 東京都立川市富士見町6-46-1旧多摩川小学校
たちかわ創造舎への行き方 【バス・2番乗り場[立71]】立川バス/富士見町操車場行、西武バス/新道福島行(乗車時間7分)『団地西』下車徒歩3分

お問い合わせ:こちらのメール
すこやかクラブホームページ

(お知らせありがとうございます。)

22:41 Category: [募集情報] [関東]

 銀座九劇アカデミア 小野寺修二氏WS『ただ、立つことから始めてみよう』のご案内&倉本美津留氏ワークショップのご案内

銀座九劇アカデミア 小野寺修二氏WS『ただ、立つことから始めてみよう』のご案内


弊社レプロエンタテインメントが運営する『銀座九劇アカデミア』が主催するワークショップのご案内をさせていただきます。今回は新しいワークショップ小野寺修二『ただ、立つことから始めてみよう』のご紹介です。アカデミアでは2017年8月にプレワークショップを行い、2回目を2018年1月に開催し大好評を頂いたこちらのワークショップ どちらも大好評をいただいたため、今回また新たに開催することとなりました。こちらのワークショップはマイムをベースにした身体訓練や、喋らない時の身体のありよう。そこから、ただ立ってみる、ただ歩いてみる、ただ喋ってみる。その他、何が格好良くて何が格好悪いのか、何が許せて何が許せないのか。身体を動かすことに苦手意識のある方、その苦手がどこからくるか探るWSとなります。
普段舞台において意識しない基本中の基本の『立つ』という動作、そこに焦点を当て、改めて舞台においての自分の在り方を見つめ直してみませんか。

ワークショップ概要
【日時】2018年7月31日(火)、8月2日(木) 全2回 ※原則2日ともに参加できる方となります。
1クラス 14:00-16:30 2クラス 17:30-20:00 2クラス制
また、体験WSも今回開催いたします!
2018年 7月31日(火) 12:00~13:00 または 8月2日(木) 12:00~13:00 体験WSのみ1日単位で参加可能です。
【参加費】通常WS・・・10,000円 体験WS・・・1日 3,000円(2日間通し5,000円)
【定員】各クラス最大15名 体験WS 1日あたり最大15名 ※定員になり次第締め切らせていただきます
第1回の様子のレポートがございますので、気になる方はこちらからご確認ください
こちらのワークショップの次回の開催は未定ですので、興味の有る方は是非ともこの機会にご応募ください。
銀座九劇アカデミア


銀座九劇アカデミア 倉本美津留氏ワークショップのご案内


レプロエンタテインメントが運営する演技ワークショップをはじめとしたエンタテインメント研究所『銀座九劇アカデミア』今回は新しいワークショップ倉本美津留氏『お笑い相談所』のご紹介です!
前回、好評をいただきまして第2弾!!レプロが運営するエンタテインメント研究所『銀座九劇アカデミア』が現在 日本全国でくすぶっている "笑いの表現者"の皆様にステップアップしていただくためご用意するお笑いワークショップ。あなたのパフォーマンスを先ず見せていただき、その後、的確なアドバイス。最終的には『浅草九劇』の舞台へ!?
入所は誰でも可能!プロ・アマ/事務所所属有無/性別/年齢/裏方など...一切不問。何かあと少し足りない、芽が出ないと悩むアナタのためにアカデミアが依頼したプロフェッショナルは、倉本美津留氏!

<講師コメント>表現者の能力が上がれば、おのずとメディアはついてくる。あらゆるジャンルを越え、新しい笑いを創っていきましょう。
<講師プロフィール>日本の放送作家・作詞家・作曲家・脚本家・演出家 パーソナリティ・ミュージシャンなどとしても活動 広島市生まれ、大阪育ち

【WS概要】
回数 全1回
時間 12:00~17:00
参加費 5400円(税込み)
定員 最大20名(応募人数に達した日時で締め切ります。締め切り時、応募者多数の場合は選考をさせていただきます)
応募条件 プロ・アマ/事務所所属有無/性別/年齢/裏方など...一切不問。最初にパフォーマンスを見せていただきます。

他にも、カンパニーデラシネラ主宰小野寺修二氏によるワークショップ『ただ、立つことから始めてみよう』も現在募集中です!マイムをベースにした身体訓練や、喋らない時の身体のありよう。そこから、ただ立ってみる、ただ歩いてみる、ただ喋ってみる。その他、何が格好良くて何が格好悪いのか、何が許せて何が許せないのか。身体を動かすことに苦手意識のある方、その苦手がどこからくるか探ってみませんか。第1回の様子はこちらから
銀座九劇アカデミアのワークショップ申込みは、こちらからお願い致します。※会員登録必須
ご応募、お待ちしております!

(お知らせありがとうございます。)

22:38 Category: [募集情報] [関東]

 CiNEAST(シネアスト)映画俳優のための演技ワークショップ『フィルムアクターズラボ』(8/10~東京)

映画『リバースダイアリー』が公開中の園田新監督による演技ワークショップを開催します!大好評&初心者歓迎!役になりきるためのメソッド。俳優に必要なことの全てを4回だけで習得する究極のワークショップ!優秀者には映画出演のチャンスも!!

■こんなことを学べます
リアリティのある演技を実現するには『自意識から解放される』必要があります。そのためにまず『徹底的な役作り』をすることから学びます。演じる準備が出来た段階でようやく、役作りを『演技に変換する方法』をお教えします。4回のワークショップを通じて、『自然で魅力的』な演技ができるようになります。
瞬発力ばかりを求めた演技指導をしたり、演技ゲームなどは行いません。演劇スクールやほかのワークショップなどでは教えてくれない、映画における『役作り』を独自のアプローチで実践します。どのように脚本を読めば良いのか、何を準備すれば良いのか、役者に何が求められているのかを作り手の視点からお教えします。映画の中で役を生きるために、本当に必要なことを探求するとともに、最終的には役作りの成果を撮影し、編集した映像を観て個別のフィードバックを行います。
これまで参加した方からは、『もっと早く知りたかった』『こんなに理にかなった役へのアプローチを初めて知った』『役になりきる体験ができた』といった感想をいただきました。演技経験のある方はもちろん、短期間で飛躍的に演技力を向上させられるので、演技初心者の方にもおすすめ!
オリジナル映画脚本を題材に、映画において監督が役者に求める準備、役作り、脚本の読み方、現場で必要なことなどを習得し、監督から求められる俳優、また呼ばれる俳優になるためのワークショップです。
修了後、希望者は学んだことを実践するための『フィルムアクターズラボ・アドバンス』にお進みいただけます。

■開催にあたって
どんな現場でも脚本を理解し、しっかりとした準備をすることこそが俳優に求められていると思います。しかし、その一番大切な準備の方法は誰も教えてくれません。このワークショップは、様々な役作りのアプローチの中で、実際に効果があって合理的だと思う方法だけを、誰にでも実践可能な形で独自にまとめた、ここでしか学べない内容です。監督が俳優の方々にどのような準備をしてきて欲しいかを知ることは、どんな作品にのぞむ上でも有益だと思います。監督と役者が自由な表現を試すことのできる実験の場であり、互いに刺激を与え合う機会にしたいと考えています。これから一緒に作品づくりをやっていきたいと思える、才能ある俳優の方々に出会えることを期待しています。

■カリキュラム
第1回:準備(脚本の読み方、役へのアプローチ方法)
第2回:役作り(キャラクターを深める、役と一体化する)
第3回:演技実習(役作りを演技に変換する)
第4回:撮影(役作りの成果を編集した映像からフィードバック)
■こんな方を対象としています
・18歳以上の男女
・本気で役者をやっていく意欲のある方
・演技初心者の方
・映像の演技を学びたい方
・演技経験はあるけれどもオーディションに通らない方
・他のワークショップに定着しない方
・プロの映画監督と接点を持ちたい方
・自分の演技に行き詰まりを感じている方など

■講師プロフィール 園田 新 / 映画作家
立教大学法学部国際比較法学科卒。大学在学中にニューヨークに留学し、映画づくりを学ぶ。テレビ番組のディレクターを経て、2007年、脚本、監督から配給、宣伝まで自らトータルプロデュースした初長編作品『Wiz/Out』が渋谷ユーロスペースにて公開、スマッシュヒットを記録。函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて自身の長編映画用脚本が2作品連続受賞。(2009年『記憶代理人』審査員奨励賞、2011年『リアルファミリー』グランプリ受賞)2013年、釜山国際映画祭が主催するアジアの新進映画作家支援プログラム・AFA(Asian Film Academy)の監督として選抜される。2017年、新作長編映画『リバースダイアリー』を製作。同作は現在までに国内外15を超える映画祭に招待され、最優秀作品賞、最優秀脚本賞を含む9つの賞を獲得。

■開催スケジュール 全4回
8/10(金)18:00~21:00
8/17(金)18:00~21:00
8/24(金) 18:00~21:00
8/31(金) 18:00~21:00
■開催場所 東京都品川区大井町
■参加費 2万円(税込)(※定員10名程度、先着順とさせていただきます)
■応募方法 ホームページよりお申込みください。
★合格率大幅UP!オーディション対策の特別ワークショップ『オーディションラボ』も募集中!(7/31開催)


(お知らせありがとうございます。)

22:37 Category: [募集情報] [関東]