お芝居は、好きですか。

地域別:  北海道 (5) |  東北 (7) |  関東 (2140) |  東海 (34) |  北陸 (7) |  近畿 (266) |  中国 (24) |  四国 (12) |  九州・沖縄 (44) | 

演劇交差点twitter : Follow us!

主なコンテンツ:  公演案内 (1040) |  募集情報 (1375) |  劇団リンク (4) |  お役立ち情報 (29) |  演劇イベント情報 (20) | 

携帯用サイト →QR | URL送信 | RSSリンク

ようこそ

  • このページは、すべての演劇に携わる方のための総合演劇ニュースサイトです。お芝居を作る・観る方々には気軽に情報を発信・収集する場として、また現在あまりお芝居になじみのない方が、お芝居を観るきっかけにもなるようなページにしたいと思っています。
    当ページはみなさまの情報をもとに作り上げていくページ(=Share Site)です。こちらのフォームからどしどし情報をお寄せください。
  • <ご注意>
    ○掲載の可否は管理人が判断しますが、再掲には1ヶ月程度あいだをあけることにしています。ご了承ください。
    ○投稿の際はこちらの見本をご参考下さい。情報には必ず拠点としている地域名(東京、西宮市など)をお書き添え願いします。
    ○はじめての方は、こちらをごらんください。
    ○リンク・フリーです。リンク集の片隅にぜひ。

サイト内検索

最近のエントリー

もうすぐ公演

もうすぐ募集締め切り

2019年1月24日

 劇団岸野組【新人募集!】

劇団岸野組は俳優・岸野幸正を主宰として1990年『幕末太陽傳』公演で旗揚げしました。主にオリジナル髷物娯楽劇を上演。スピード感溢れる現代劇的な台詞廻しに、日本人の心に今も受け継がれている古典芸能のエッセンスを加えた独自のスタイルを確立。演劇の娯楽性を重視し、和洋折衷、エンタテインメントの要素(唄、踊り、殺陣など)をふんだんに盛り込み、年齢・性別を問わず、多くのお客様に楽しんで頂ける作品、観劇の後に爽快感を持てる作品を作り続けています。
一緒にお芝居を作ってみませんか?未経験でもやる気がある方なら大歓迎します!

《試験日》2019年2月24日(日)、3月24日(日)、4月7日(日)
《応募方法》
1)劇団HPより研究生募集ページ内の専用フォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。 募集要項、オーディション専用身上書をお送り致します。
2)要項に同封している専用身上書をご記入いただき、写真(バストアップ写真)を同封の上、劇団までご郵送下さい。※身上書は試験日の3日前必着です。
試験時間等の詳細は、追って連絡致します。
《応募資格》高卒程度の学力を有する者
《審査方法》一次審査:書類選考 書類選考に合格された方には劇団から連絡致します。
二次審査:台詞・面接
《お問い合わせ》劇団岸野組 048-442-2187

次回公演は6月に下北沢・本多劇場にてオリジナル時代劇を上演予定です!

(須永さん、お知らせありがとうございます。)

15:24 Category: [募集情報] [関東]

 ベルトルト・ブレヒト著/大岡淳訳『三文オペラ』(共和国)刊行記念連続トークイベント『おまへは歌ふな 分断社会サバイバル・マニュアル』

安定と平和が志向されればされるほど、万人の万人に対する闘争が激化するという逆説的な社会状況の中で、人は己の敵に対しても〈歌う〉ことができるだろうか? ナチス・ドイツに抵抗し、資本主義国・アメリカに亡命し、共産主義国・東ドイツに帰還するという、数奇な人生を辿った劇作家ベルトルト・ブレヒトと、その代表作『三文オペラ』を糸口としながら、分断社会を生きのびる精神のスタイルを、『三文オペラ』新訳を共和国から刊行した劇作家・演出家の大岡淳が探る、8つのトーク+1つのライブ。2019年2~3月、東京・横浜・静岡・大阪・西宮・岡山・福岡にて、豪華ゲストを迎えて堂々の開催!各回とも『三文オペラ』訳者である、演出家・劇作家の大岡 淳が出演いたします。各回とも、冒頭、ミニ・リーディングパフォーマンスを上演いたします!

〔東京編〕『闘争としての音楽 ~汝の敵に対して歌いうるか?~』
出演:磯部涼(音楽ライター)× 大岡淳(劇作家・演出家)

分断社会の裂け目を、〈歌〉は繋ぎとめるのか、あるいはむしろ押し広げるのか?今やヒップホップ・カルチャーの聖地と化している、川崎市南部を取材した『ルポ川崎』(サイゾー)で話題を呼んだ、音楽ライターの磯部涼さんを迎えて、ブレヒト・ソングからJ-POPまで、様々なジャンルを横断しつつ、語り合います。
【日時】2019年2月6日(水)18:30 open 19:00 start
【料金】予約1,500円 当日1,800円
(※会場の都合により、予約のないお客様の御入場をお断りする場合があります。)
【会場】早稲田奉仕園・奉仕園会館B階・You-Iホール 住所:東京都新宿区西早稲田2-3-1
アクセス:東京メトロ東西線 『早稲田』駅2番出口 より徒歩5分 東京メトロ副都心線 『西早稲田』駅2番出口 より徒歩8分 JR山手線・西武新宿線 『高田馬場』駅より徒歩20分
〔横浜編〕
『演じられる『本音』に抗して ~ポスト・トゥルース時代の演劇~』
出演:佐藤信(演出家・劇作家)、藤田直哉(SF・文芸評論家)

トランプ大統領をはじめ、偽悪的に『本音』を露呈させるカリスマたちを、演劇や文学や芸術はどう迎え撃つべきか? 黒テントの演出家・劇作家として知られる佐藤信さんと、『シン・ゴジラ論』(作品社)、『新世紀ゾンビ論』(筑摩書房)、『娯楽としての炎上――ポスト・トゥルース時代のミステリ』(南雲堂)といった、サブカルチャーから現代を読み解く著作を次々世に問うている評論家の藤田直哉さんを迎え、議論します。
【日時】2019年2月18日(月)18:30 open 19:00 start
【料金】予約1,500円 当日1,800円
【会場】若葉町ウォーフ 住所:神奈川県横浜市中区若葉町3-47-1
アクセス: 京急『黄金町』駅から徒歩4分 京急『日ノ出町』駅(急行停車駅)から徒歩8分 地下鉄ブルーライン『板東橋』駅3B出口から徒歩7分 市バス『横浜橋』(32、113系統、他)から徒歩3分 映画館『ジャック&ベティ』斜め前

【ご予約はこちら!】オンライン予約フォーム
【プロフィール】
著者:ベルトルト・ブレヒト 1898年、バイエルン王国アウクスブルクに生まれ、1956年、東ベルリンに没する。近現代ドイツを代表する劇作家、詩人。第一次世界大戦に従軍後、劇作家として活動。『夜打つ太鼓』(1922)でクライスト賞。1933年、ナチス政権樹立後はデンマーク、アメリカ合衆国などに亡命、1948年、プラハを経由して東ベルリンに帰国。主な作品に、『マハゴニー』(1927)、『処置』(1930)、『第三帝国の恐怖と悲惨』(1937)、『肝っ玉お母とその子供たち』(1939)、『暦物語』(1949)など多数がある。日本でも戯曲全集や書簡集など、その仕事のほとんどが刊行されている。

訳者:大岡 淳(おおおか・じゅん) 1970年、兵庫県に生まれる。演出家、劇作家、批評家。早稲田大学第一文学部哲学科哲学専修卒業。現在、SPAC‐静岡県舞台芸術センター文芸部スタッフ、静岡文化芸術大学非常勤講師、河合塾COSMO東京校非常勤講師を務める。『日本軽佻派』を自認し、知的で愉快で挑発的なエンタテインメントを創造すべく、演劇、ミュージカル、コンサート、オペラ、ダンス、人形劇などを、幅広く手がける。編著に、『21世紀のマダム・エドワルダ』(光文社、2015)がある。

お問い合わせ先:無人劇場制作部
MAIL. こちらのメール TEL. 090-9907-9699
大岡 淳WEBサイト


(comituさん、お知らせありがとうございます。)

15:21 Category: [演劇イベント情報] [関東]

 雑文1/24

とったホテルの部屋に机がなくて、なかなかパソ使う気になりません。うーん。

なんとか今日の更新はしたのでよかった。明日は新幹線で帰るので、いろいろできるでしょう。

今日はお芝居みてきます。たのしみ。また更新します。

14:31 Category: [雑文]

2019年1月23日

 雑文1/23

今日はメンテナンスデーです。

今東京にきています。お寺をめぐってきました。やりたかったこと。

あと念願のあんみつたべました。めっちゃおいしかったです。

明日はお芝居みにいきます。

22:01 Category: [雑文]

2019年1月22日

 鳥の劇場 三島由紀夫『近代能楽集』より4作まとめて上演!『葵上』『班女』『熊野』『綾の鼓』&じゆう劇場『ロミオとジュリエットから生まれたもの‐2018』

鳥の劇場 三島由紀夫『近代能楽集』より4作まとめて上演!『葵上』『班女』『熊野』『綾の鼓』


作・演出:中島諒人
キャスト:阿部一徳・齊藤頼陽・中川玲奈・高橋等・中垣直久・安田茉耶・後藤詩織・大川潤子


日時:2019.2.22(金)~24(日)/3.1(金)~3.3(日)
場所:鳥の劇場
料金:一作品につき 大人:1,500円/18歳以下:500円/中学生以下無料
プレトーク『三島由紀夫を巡って』
2019年2月23日・3月2日(土)11:00~ 参加費:無料
三島についての評論を最近出されたお二方に、それぞれの視点で『三島』を語っていただきます。2月23日(土)菅孝行さん(評論家) 3月2日(土)大澤真幸さん(社会学者)

■懇親会 2019年2月24日・3月3日(日)『綾の鼓』上演後 参加費:無料
演出家、出演俳優が参加しての懇親会を行います。
春近い鹿野で、芝居とともに『飯』、『茶』、『酒』、『湯』、『宿』2018年5月の大型連休に開催しご好評いただいた食のイベントがグレードアップして帰ってきます。上演の幕間に、食事やスイーツ、お酒、温泉まで楽しんでいただけます。さらに今回は鹿野の宿・山紫苑さんにもご協力いただいて、特別宿泊プランもご用意しました。まだまだ寒さの残る季節ですが、温泉地・鹿野町に少しずつ芽生える春を感じながら、観劇と合わせて、ご飯、お茶、お酒、温泉、宿泊を贅沢にお楽しみください。
 『飯』芝居の幕の内(幕間)に観客が食べることからその名がついたといわれている"幕の内弁当"。今回は鳥取の春の素材を詰め込んだ、特製『春はじめ幕の内弁当』を限定でご用意します。鳥取県民にはおなじみの親カニ汁も販売します。近付いてくる春を"食"でお感じください。 ※数に限りがあります。事前にご予約ください。
 『茶』15時からの幕間は、ほっこりタイム。旬のいちごを使った『いちご大福』や『いちごシュークリーム』とお茶をセットでご用意いたします。ひな祭りをちょっと先取りして、地元鳥取の米を使った『甘酒』も販売予定です。甘いお菓子と温かい飲み物でリラックスしながらアフタートーク、懇親会をお楽しみください。
 『酒』18時からは日本酒やクラフトビール、一品200円程度のおつまみやおにぎりを販売します。観劇前に体を温めていただくも良し、お帰りの前に余韻にひたりながら楽しんでいただくも良し。是非、バスの送迎を利用して『酒』もお楽しみください。
 『湯』鹿野温泉は『おんな水』といわれるほど肌にやさしい泉質。劇場から車で5分程の場所に、日帰り温泉『温泉館ホットピア鹿野』があります。また山紫苑の浴場の日帰り利用も可能です。観劇後はもちろん、幕間に一風呂浴びてさっぱりしてからの観劇もオススメです。
 『宿』源泉かけ流しの温泉が自慢の宿、山紫苑。その宿泊と季節感たっぷりの会席料理の夕食がセットになった、一泊二食付きの特別宿泊プランをご用意いただきました。お一人様10,000円でご利用可能、劇場と宿の間の送迎付きです(土曜日はプラス1,000円)。金・土はお宿で夕食を済ませてから、ゆっくりと21時の上演をご鑑賞ください。

料金
〈公演〉一作品につき 大人:1,500円/18歳以下:500円/中学生以下無料
『飯』 特製『春はじめ幕の内弁当』 1,800円 ※数に限りがございます。事前にご予約ください。/鳥取名物・親ガニ汁も販売します。
『茶』 旬のいちごを使ったスイーツと温かいお茶のセット 800円/鳥取産の米を使った『甘酒』も販売します。
『酒』 鹿野のクラフトビールや山陰の日本酒、一品200円程度のおつまみやおにぎりを販売します。
『湯』 温泉館ホットピア鹿野 大人430円/小人210円(営業時間:10:00~22:00) 山紫苑日帰り入浴 大人510円/小学生250円(利用可能時間:11:00~20:00)
『宿』 山紫苑特別宿泊プラン『きらめき』 お一人様 10,000円(一泊二食付き[観劇料を除く])
※土曜日のご利用はプラス1,000円になります。宿泊についての詳しいお問い合わせ・ご予約は0857-84-2211(山紫苑)まで。その際、鳥の劇場の観劇予定であることを必ずお伝えください。

★鳥取駅・浜村駅から劇場まで無料で送迎します! JR浜村駅と鳥の劇場の間の送迎を行います。今回は新しい試みとしてJR鳥取駅からの送迎も実施します。こちらも、もちろん無料です。是非ご利用ください。 (必ず事前にご予約ください。ご予約のない場合、ご利用いただけないことがあります。)
●[JR浜村駅と鳥の劇場]間
下記の時間に浜村駅を出発します。間に合うようにお越しください。
※列車の遅延等で遅れる可能性がある場合は、出発10分前までに劇場へご連絡ください。帰りのバスは当日劇場にてご予約ください。
2/22・3/1(金) 12:45/15:55/19:20
2/23・3/2(土) 10:10/12:45/15:55/19:20
2/24・3/3(日) 10:10/12:45
●[JR鳥取駅と鳥の劇場]間(出発/到着場所:JR鳥取駅南口 フコク生命ビル前)
〈JR鳥取駅→鳥の劇場〉
2/22・3/1(金) 11:50出発
2/23・3/2(土)・2/24・3/3(日) 9:15出発
〈鳥の劇場→JR鳥取駅〉
2/22・3/1(金)・2/23・3/2(土) 20:10頃到着
2/24・3/3(日) 17:10頃到着
チケット、お弁当のご予約は、電話、ウェブ、電子メールでお受けします。料金はご来場時にお支払いください。(予約受付は1月15日(火)10時より)


 鳥取にて、鳥の劇場 三島由紀夫『近代能楽集』より4作まとめて上演!『葵上』『班女』『熊野』『綾の鼓』が上演されます。
 「『葵上』(1955年初演) 2019年2月22日(金)・3月1日(金)17:00~/2月23日(土)・3月2日(土)21:00~ 都会の病院の一室。原因不明の病に倒れた若い妻・葵のもとに、夫・光が出張から急きょ戻る。看護婦によれば、この病院は、睡眠療法によって患者の性的コンプレックスを解消することで、あらゆる精神の病に対処するらしい。光のかつての年上の恋人・六条康子が音もなく訪れる。
 『班女』(1957年初演) 2019年2月22日(金)・3月1日(金)14:00~/2月23日(土)・3月2日(土)17:00~ 婚期を逃した女流画家・実子は、ある青年への恋慕から心を狂わせた若い女・花子を引き取り、ひっそり暮らしている。が、その隠遁生活は、小さな新聞報道で終りを告げる。駅で毎日恋人を待つ花子の姿が三面記事となった。花子を連れ逃げようとする実子のもとに、青年・吉雄が現れる。
 『綾の鼓』(1959年初演) 2019年2月22日(金)・3月1日(金)21:00~/2月24日(日)・3月3日(日)11:00~ 古ぼけた法律事務所と向かいの華やかな洋裁店が舞台。法律事務所の小間使いの老人・岩吉が、洋裁店に出入りする美しい婦人・華子に恋をしラブレターを何通も送る。婦人は取り巻きとふざけて、芝居の小道具である布張りの鼓を彼に送る。鼓の音が届けば恋が叶うというメモとともに。
 『熊野』(1952年初演) 2019年2月23日(土)/24日(日)・3月2日(土)/3日(日)14:00~
50歳代の壮健な実業家・宗盛は、今を時めく権勢を誇っている。春の日曜、若い愛人・熊野を囲っているマンションを訪ね、彼女を花見に誘う。しかし、熊野は実家の母の病気を理由に帰郷を求め、宗盛の誘いに頑として応じない。健気な娘を傲慢な権力者が苛むように見えるのだが...。
 『近代能楽集』能の謡曲を題材に三島がそれぞれの主題を発展させて現代劇とした小品の戯曲集。1956年発表時には、『邯鄲』『綾の鼓』『卒塔婆小町』『葵上』『班女』の五作が収載、1968年の新潮文庫版には、『道成寺』『熊野』『弱法師』の三作を加えた全八作が収録された。『能楽の自由な空間と時間の処理や、露わな形而上学的主題などを、そのまま現代に生かすために、シテュエーションのほうを現代化した』(1956年の発表時の三島によるあとがきより)。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・お問い合わせは、鳥の劇場 電話/FAX:(0857)84-3268 E-mail:こちらのメール



鳥の劇場 じゆう劇場『ロミオとジュリエットから生まれたもの‐2018』


作・演出:中島諒人・齊藤頼陽
キャスト:井谷優太 北村未菜 島田ひかる 武内美津子 仲野真由美 西垣伸子 福角幸子 福角宣弘 三好眞比郎 和田尚也 齊藤頼陽 高橋等 後藤詩織


日時:2019年2月1日(金) 19:00開演 18:30開場・2日(土)13:00開演 12:30開場
場所:東京芸術劇場シアターウエスト(東京都豊島区西池袋1-8-1)
料金:無料(要事前申込)

じゆう劇場とは? じゆう劇場は、鳥の劇場のプロデュースのもと、2013年8月に活動を開始したプロジェクト。障がいのある人、ない人がいっしょに舞台を作り、日常生活では隠れがちなそれぞれの豊かさを発見し、その素晴らしさを観客と分かち合うことを目指す。今年で5年目の活動。毎年参加者を公募し、継続的な参加者と新規の加入者が混じりながら創作をする。今年は、知的、身体、視覚の障がいをもつみなさんと障がいのない方2名が参加し、総勢14名の出演。演劇は協働的な芸術であり、参加者相互の信頼と深い関わり合いが必要とされる。じゆう劇場は、我々が築かなければならない共生社会を先取りした風景を観客に提示することを目指す。

※鳥取県での暮らし方を紹介するイベント、子どもが遊べる広場イベントも同時開催しています。『とうきょうの真ん中で"地方暮らし・子育て"を考える~とっとりの場合』2019年2月1日(金)~3日(日)
■トーク 共生社会のための取組や鳥取県の魅力を紹介します。
1. 『障がい・演劇・共生の話』【2月1日(金)『『ロミオとジュリエット』から生まれたもの -2018』終演後・2月2日(土)『『ロミオとジュリエット』から生まれたもの -2018』終演後】
●SLOWLABELディレクター 栗栖良依さん(2/1)
『日常における非日常』をテーマに、異分野・異文化の人や地域を繋げ、新しい価値を創造するプロジェクトを多方面で展開。2010年、骨肉腫による右下肢機能全廃で障害福祉の世界と出会う。翌年、SLOW LABEL設立。ヨコハマ・パラトリエンナーレ総合ディレクター。東京2020総合チーム クリエイティブ・ディレクター。
●東京芸術劇場副館長 高萩宏さん(2/2)
劇団夢の遊民社退団後、英国でのジャパンフェスティバル1991はじめ、東京演劇フェア、東京国際芸術祭などの運営に携わる。パナソニック・グローブ座支配人、世田谷パブリックシアター製作部長を経て、2008年4月より現職。障害を持つ俳優により構成された劇団・カンパニーの舞台を紹介している。
2. 『起業・子育て支援の話』【2月2日(土)15:20頃から・2月3日(日)13:30頃から】
●EMINA 藤田よしみさん
看護師として鳥取県立病院で勤務。自身の出産・育児中に、子育てコミュニティを立ち上げる。2018年、地域や企業、行政が一体となり地域課題の解決や新たな産業・雇用を創出する場としてスタートした隼Lab.でコミュニティマネージャーとして勤務。在職中、『女性がイキイキと働き、日常がもっと楽しくなるお店』cocoto+をオープン。
3.『若手からの地域起こしの話』
●WEBマガジン『+○++○』ライター 松浦秀一郎さん【2月2日(土)16:00頃から・2月3日(日)14:15頃から】鳥取市内の高校を卒業後、大学進学を機に上京し、フランス文学を専攻する。大学院修了後は都内の企業へ就職し、約3年過ごした後、鳥取にUターン。祖父の創業した『有限会社サービスタクシー』に就職する。マチの交流を交通によってどう豊かにできるか、が現在注目しているテーマ。
4.『星取県・鳥取の話』
●『星』取県 観光交流局 観光戦略課 魅力発信担当 係長 井田広之さん【2月2日(土)・2月3日(日)11:30頃から】
鳥取県の星空と宇宙をテーマにした地域活性化構想を提唱し、地域内外に共感者を増やしながら県公式プロジェクト『星取県』を実現。生活者との共創による新商品開発事業で、全国知事会『先進政策大賞』、『グッドデザイン賞2015』を受賞。
■木育おもちゃ広場
芝生の上でたくさんの木育のおもちゃで遊べます。鳥の劇場俳優による『がまくんとかえるくん』の上演や読み聞かせ、紙芝居もあります。
■展示ほか
星取県・鳥取のVR体験や『星写真コンテスト優秀作品』の展示があります。移住コーディネーターによる相談も受け付けています。

ご観劇希望の方は電話、FAX、E-mail、WEBのいずれかで事前にお申し込みください。定員になり次第締め切りとなります。
◎ご予約の際は、お名前、お電話番号、会場、人数を明記の上、お申し込みください。


 鳥取にて、鳥の劇場 じゆう劇場『ロミオとジュリエットから生まれたもの‐2018』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 ご予約・お問い合わせは、
鳥の劇場 電話/FAX:(0857)84-3268 E-mail:こちらのメールまで。 WEBでの予約はこちらから


(後藤さん、お知らせありがとうございます。)

22:12 Category: [公演案内] [中国]

 劇団成増ホワイトナッツ 旗揚げ公演『ポン助先生』

作:マキノノゾミ

日時:2019年2月10日・11日 両日13時・16時・19時(開場は開演の30分前)
場所:新宿ゴールデン街劇場
料金:1000円


 東京にて、劇団成増ホワイトナッツ 旗揚げ公演『ポン助先生』が上演されます。
 「売れっ子新進マンガ家のネームは、実は落ち目の巨匠山崎ポン助が書いていた。読者や担当編集を欺く理由とは...?」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。


Twitter:@N_WhiteNuts


(暁さん、お知らせありがとうございます。)

22:04 Category: [公演案内] [関東]

 【FAM】新メンバー募集!!未経験者大歓迎!

2019年4月に劇団「touch my brassiere?company」から会社に変わります『FAM』と申します。我々は、ファンタジー、純文学を主とするミュージカル・ストレートの舞台を製作する団体として発足致しました。
当カンパニーが最も大切にしていることは、演劇活動を行うことによってお客様に幸福感を与え、社会的かつ経済的価値を生み出すことと考えております。お客様にとって、演劇をより身近に感じていただけることを目標としております。
そんな私達と一緒に歩んで下さる、メンバーを募集致します。役者だけでなく制作スタッフも募集しております。五月末に上野ストアハウスにて、公演を予定しています。
稽古場所は主に荒川区公共施設で行います。(最寄り駅 JR 日暮里駅・三河島駅)

【代表・脚本・演出 丸山大介のプロフィール】1997年から劇団四季、演出部長山内義男氏に師事。以降4年に渡り演出を学ぶ。2001年に山内氏と劇団『組曲』を創立。2008年までにミュージカル作品を25本上演。2009年にtouch my brassiere?company を創立。10年間活動。演出歴、ダンス歴20年。舞台監督、美術としても活躍している。2018年8月 ちばミュージカルアカデミーの講師
応募資格
・15歳以上の健康な男女(未成年者は親の同意が必要です)
・未経験の方も大歓迎。
応募方法 下記内容をメールにてお送りください。確認後、折り返しこちらからご連絡を差し上げます。
(件名)『メンバー参加希望』
(添付)現在の姿が分かりやすい全身写真かバストアップ写真のどちらか1枚
(本文)[1]名前(振り仮名付き) [2]電話番号 [3]メールアドレス [4]年齢、生年月日 [5]性別 [6]身長 [7]芸歴(年数だけでなく、過去の主な活動経歴をお書きください) [8]自己PR、志望動機
・応募先アドレス こちらのメール
お問い合わせ こちらのメール 担当 中西

(お知らせありがとうございます。)

21:58 Category: [募集情報] [関東]

 ゆー 素敵なドレスを着て歌とダンス!ステージ出演者募集です。

素敵なドレスを着て、歌と踊りのステージに出演できる方を募集します!四季の妖精(春夏秋冬)などに扮して、季節の歌や、童謡などを歌います。公共施設や公園などでのステージイベント、ボランティアイベントなどに出演してみませんか?新規のメンバー募集です。

【募集要項】
・20歳以上の元気な女性
・大学生・音大生・音大卒の方(高校生、未成年者は要相談)
・社会人(仕事と両立できます)
・20代 30代の女性
・また、楽器演奏できる方も募集します!(ピアノ・フルートやバイオリンなど)
お子さま向けのイベントが多いため、子供が好きな人!大歓迎です。

稽古日 平日の夜(週1日)
入会費 1万円
会 費 1万円(レッスン代、稽古場代、雑費含む)
衣装等の費用はかかりません。

【応募要項】
[1]名前(カナ) [2]住所・最寄り駅 [3]年齢・身長 [4]最終学歴 [5]活動経験(バレエ○年・ピアノ○年など) [6]応募動機 [7]顔写真 以上を明記の上、メールにてご応募ください。
興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

(お知らせありがとうございます。)

21:52 Category: [募集情報] [関東]

 雑文1/22

朝はNFLみていました。スーパーボウルの組み合わせは決まりました。

今日は本の校正をしていました。なんとか明日までに出せました。

そして明日から東京にいってきます。お芝居もみるのですが、寺めぐりをしようと思います。更新はできると思います。それではいってきまーす。

20:15 Category: [雑文]

2019年1月21日

 劇的ダンス Gekidan <大阪>演劇×ダンス作品『この時代を生きろ』3/1(金)~3/3(日)全4公演

『この時代を生きろ』應典院芸術祭 いのちに気づくプロジェクト
演劇×ダンス作品 心体から湧き出る生命力

手塚治虫作"火の鳥"よりヒントを得て、いのちに気づく演劇的ダンス作品を創作。役者とダンサーが混ざりあい、より身体表現(ダンス表現)の可能性を追求しながらこの作品に奮闘します。かけがえのない地球に同乗する仲間である我々。常に時代を生きる"人間"は、めぐるいのちをどう生きるのか。この時代を生きる身体がここに"言葉を無くして心を知れ"言葉に出来ないエネルギー飛び交う、もっとも熱いダンス作品があなたの心を刺激する!
【出演者】
川上 真(劇的ダンス Gekidan)※B公演のみ出演
こほり まなえ(劇的ダンス Gekidan)※A公演のみ出演
森本 圭治(劇的ダンス Gekidan)
児玉 泰地(役者でない)
平 直樹
高畠 伶奈(Youth Theatre Japan)
中西 あかね
ハルヒ(手話エンターテイメント発信団oioi)
【演出・振付】庄 波希

【公演概要】
■日程
3/1(金)19:00~ A公演
3/2(土)14:00~ B公演
3/2(土)19:00~ A公演
3/3(日)17:00~ B公演
■チケット 一般 2,500円 ※寺町倶楽部会員割 2,000円(当日清算)
※1/23(水)開催『みんなでダンス』ご参加で2,200円!
詳しくはこちら
チケットWEB予約(当日清算)
ライブポケットで購入
【会場】浄土宗應典院 本堂 〒543-0076 大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27
【特設サイト】
【お問い合わせ】劇的ダンス Gekidan こちらのメール

(お知らせありがとうございます。)

23:25 Category: [公演案内] [近畿]

 のたんぷ-NOT AMP-『優子』『ソヴァージュばあさん』

2019/02/14(木)~17(日)@兎亭
のたんぷ-NOT AMP-いち 炎のリーディング2本立て

演出:松本隆志(のたんぷ)
■『優子』
作:乙一
出演:伊藤優、鈴木洋輔、伊藤ゆかり(:Aqua mode planning:)、
矢鋪あい、清水艦長(のたんぷ)
■『ソヴァージュばあさん』
原作:ギ・ド・モーパッサン 作:谷賢一(DULL-COLORED POP)
出演:清家忍、木戸亮太、外桂士朗(無隣館)、糸巻こまき(のたんぷ)


2019/02/14(木)20:00優
2019/02/15(金)20:00ソ
2019/02/16(土)11:00優/15:00ソ/★19:00優ソ(両演目上演)
2019/02/17(日)11:00ソ/15:00優/★19:00ソ優(両演目上演)
(受付・会場は各回20分前から)
優=『優子』上演 ソ=『ソヴァージュばあさん』上演
【予約】当日・予約:2000円 U22(22歳以下):1000円 ★セット上演回:3000円

2019/04/10(木)~14(日)本番の次回公演のキャスト募集もしています。こちらからお問い合わせください。


 東京にて、のたんぷ-NOT AMP-『優子』『ソヴァージュばあさん』が上演されます。どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

同公演の情報ページへ

(有沢さん、お知らせありがとうございます。)

22:36 Category: [公演案内] [関東]

 「Session Yoshiya 2019」

2019年3月5日(火)〜3月23日(土) 開演19時
Performing Gallery & Cafe 絵空箱にて


 東京にて、「Session Yoshiya 2019」が上演されます。
 「マリオネットアーティスト山本由也の人形たちと音楽家のコラボーレーションライブ【Session Yoshiya】18ステージを開催します。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのウェブサイトまで。

(お知らせありがとうございます。)

22:34 Category: [公演案内] [関東]

 アトリエ・センターフォワード 演技ワークショップ 2月16(土)17(日)少人数でみっちりと!

お久しぶりです、アトリエ・センターフォワードの矢内文章です。今年もさっそくワークショップを開催します!また一緒に濃密な時間を過ごせますよ~に♬ ご検討、よろしくお願いします。

2019 新春 東京で開催!≪アトリエ・センターフォワード 演技WS≫
『動詞で考える』メソッドをもとに台本読解の深め方や役作り、イキイキした自分らしい演技を矢内文章とともに体験してください。2日間13時から19時の濃密な時間。参加費は4500円。少人数制のワークショップですのでお早めにお申し込みください。

~テーマ『対話するために』~
『聞く』『衝動が生まれる』『働きかける』自分の身体や情緒を感じることで、深く、力強い表現を生み出す基礎をしっかりさせよう。身体が変われば情緒が変わる。情緒が変われば身体が変わる。他者からの刺激を 自分からの刺激を 『聞く』ことから対話が始まります。気持ちや思いを表現するだけじゃなく、他者と共鳴するようなコミュニケーションを目指そう。対話。結局それが、自分オリジナルの表現。
<内容>
1日目
1 集中とリラックスのための体操
2 自分を開く、相手に伝えるエクササイズ
3 作品や役へのアプローチ
4 シーンチャレンジ
2日目
1 集中とリラックスのための体操
2 楽譜としての戯曲を体験
3 相手を動かすためのセリフ術
4 シーンチャレンジ
※どのワークも頭と心と体を動かしていくものです。
※動きやすい服装と上履きをご用意ください。
※使用するオリジナルテキストは追ってお渡しします。
≪東京≫ 2019年2月16(土)、17(日)
場所:都内スタジオ (予定)
時間:13時~19時 (終了時間は前後する可能性有)
参加費:2日間4500円 (お支払いは基本的に銀行振り込みとなります)
詳細&お申込みは公式サイト
●ワークショップ参加ご希望の方は、公式サイトの申込みフォームに必要事項を明記のうえ、お申込みください。
*参加費のお振込先は別途ご連絡いたします。
皆さまとの新しい出会い、奮ってのご参加をお待ちしております!
≪過去のワークショップはこちらをご参照くださいませ≫

ご不明な点がありましたら、気軽にご連絡くださいませ。
アトリエ・センターフォワード TEL: 090-3451-4012 E-mail: こちらのメール


(矢内さん、お知らせありがとうございます。)

22:31 Category: [募集情報] [関東]

 UNIBIRD 2月ワークショップ開催のお知らせ!

表現力は楽しむ力から! ゲーム感覚に楽しみながら演劇の真髄を味わってみませんか?
UNIBIRDメンバーも参加型で、ワイワイ楽しくコミュニケーションをはかりながら進めていきたいと思っています! 経験・未経験は問いません。20歳以上の楽しいことが大好きな方なら大歓迎です! 今後の本公演に出演できるチャンスもあるかも!?

■日時■ 2019年2月24日(日) 13時~17時
■場所■ 世田谷区某所 (詳細はメールでお知らせ致します!)
■参加費■1000円
■内容■ 基礎トレーニング、エチュードなど...
[1]お名前 [2]ご年齢 [3]ご連絡先 [4]簡単な自己紹介など... 明記の上、メールにてお申込みください!

UNIBIRDホームページ


(高橋さん、お知らせありがとうございます。)

22:29 Category: [募集情報] [関東]

 雑文1/21

昨日は一日スポーツばっかりみていて、あと温泉にいったりして、ナチュラルに更新忘れてました。ごめんなさい。

今日は自分の科目の試験やりました。採点大変でしたがなんとか終わりました。昨日温泉いったパワーがあってよかった。

21:39 Category: [雑文]

2019年1月19日

 公益財団法人としま未来文化財団 南大塚地域文化創造館 地域演劇交流イベント 演劇的な一日 in大塚

日時:2019年2月9日(土曜) 11時から18時30分
場所:南大塚地域文化創造館 〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-36-1
料金:入場無料・参加無料

おおつかに、演劇の『まち』がやってきた!演劇・落語・紙芝居・人形劇などなど、様々なジャンルの演じ手たちが大集合。初心者大歓迎!のワークショップも多数予定。見て・参加して、大人も子供も楽しめる演劇のお祭りです。

演劇・落語・紙芝居・人形劇等、演劇の要素を持つ様々なジャンルの公演を行うイベント。南大塚ホール・南大塚地域文化創造館の全館を使用して開催する。主に普段豊島区内で活動する計13団体が、本イベントの大テーマ『まち』に関連する演目をそれぞれ上演。俳優、石橋志保さんを講師に招いて行う特別ワークショップをはじめ、来場者が参加できるクイズラリーやワークショップも多数予定。鑑賞・参加の両側面から楽しめるのが魅力。入場無料。ベビーカースペース・ベビールーム設置。

【日時】 2019年2月9日(土曜) 11時から18時30分
●11時から11時30分:オープニングイベント
●18時から18時30分:エンディングイベント
★特別ワークショップ『ハジメマシテの演劇あそび』開催!★
●『コドモ』コース13時15分~14時15分
●『オトナ』コース15時00分~16時00分
詳細はこちら https://www.toshima-mirai.or.jp/tabid216.html?pdid1=1892
【会場】 南大塚ホール・南大塚地域文化創造館 第1会議室・音楽室・和室
【参加団体(順不同)】※タイムスケジュール・演目は当館ホームページにて随時更新予定。
akiLa(アキラ)・演劇サークル『サンカーント』・劇団東俳 劇団員・劇団東俳 チームGEKINEN(ゲキネン)・てあとるみのり・CAPTAIN CHIMPANZEE(キャプテンチンパンジー)・TIC(ティーアイシー)・わくわく紙芝居・池袋いけいけ人形劇まつり・劇団ヴィーナス・人形劇団わたぼこり・MUSICAI(ミュージカイ)・下げっこ連大塚亭
【ご案内】
・当館にはエレベーター・エスカレーターがございません。あらかじめご了承ください。
・どなたでも入場・参加可能ですが、演目やワークショップの内容によりスタッフよりお客様へお声かけさせて頂く場合がございます。
・車椅子でご来場予定の場合、事前に下記問い合わせ先までご一報ください。
・ご飲食可能なスペースは限られておりますのでご了承ください。

【お問合せ・イベントHP】南大塚地域文化創造館
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2-36-1 電話:03-3946-4301


(櫻井さん、お知らせありがとうございます。)

23:06 Category: [演劇イベント情報] [関東]

 Ichi-se企画【2019年7月公演出演者募集!】

演技ワークショップをご提供してきた[Ichi-se企画]が、今年は7月に舞台公演を行います!それに伴い、出演者募集中です‼
キャストオーディションは[2月11日(月祝)14:30〜17:30]に《出演者募集ワークショップ》という事で、ワークショップ形式でキャストを選ばせて頂きます。もし今作品の配役に合わず今回はお見送りになった場合でも、次回公演でのお声掛けをさせて頂けると思いますので是非ご参加下さい!皆様とのご縁を楽しみにしております。

[ 公演情報]主催:Ichi-se企画「未定」
作・演出:一ノ瀬のり
作品内容は現在執筆の為に詳しくはお伝え出来ませんが『 "人の弱さ" をテーマにした教誨師と死刑囚の話』です。
劇場入り:2019年7月4日(木)
本番:2019年7月5日(金)〜7日(日) 5回公演
劇場:北池袋新生館シアター
稽古:5月よりスタート ※NGについては応相談。
☆​ ギャラ無し、チケットノルマ10枚、11枚目からチケットバック有り

[出演者募集ワークショップの詳細]
ワークショップ内容は、○ナチュラルな演技か? ○リアルな反応とリアルなリアクションが出来るか? ○相手を見て感じられるか? ○間を感じられるか? ○魅せたい部分を際立てる演技が出来るか? ○与えられたシーンを読解出来るか? ○ダメ出しされた事をすぐに直し、演技を自分のモノに出来るか?
日時:2月11日(月祝) 14:30〜17:30
スタジオ:スタジオピァーチェ ピッコロ店 駅:四谷三丁目・四ツ谷から徒歩5分
締切:2月9日(土)
参加費:今回は特別料金!2,500円
参加条件:今回は出演者募集のWSの為、年齢制限がございます。男性20〜60歳、女性35〜60歳 ※次回以降の舞台出演者でのお声掛けでも宜しかったら年齢制限はございません。
WS講師:一ノ瀬のり(作・演出)
お問い合わせ:こちらのメール
御質問・御相談もお気軽にどうぞ!!
★日程が合わない方はご連絡下さい。別日を設けます。
★出演希望でなくワークショップだけのご参加も可能です。ご連絡下さい!(年齢制限無し)

一ノ瀬のり(脚本・演出 )プロフィール
日本演出者協会会員。昭和女子大学短期大学部国語国文学科卒業後、一旦は大手銀行に勤めるが、俳優の道へ。演劇法人テイク・ハート・カンパニー(改名、劇団不二野坐)に7年在籍中、脚本・演出家へと転身。劇団解散後フリー。映像、舞台出演多数。演技講師歴22年目。劇団東俳の自主公演の演出も多数手掛ける。
《講師歴》劇団東俳/シンクバンク /サイタ[一ノ瀬のりの人を学ぶ演技研究所]/ACT /サンミュージック・アカデミー/劇団不二野坐演劇研究所 所長/NEWSエンターテインメントスクール/オールウェイズ 他多数。
《脚本・演出歴》『姉妹で愛した男』(脚本) 不二野坐アトリエ 『花飾りも帯も氷山よ』(演出) 不二野坐アトリエ 『めぐりあい...そして』 (演出) 劇団東俳テアトロ館 『まゆみのマーチ』(演出) 劇場HOPE 『罠 ー殺意の一線ー』 (脚本・演出) 劇団東俳鳩ヶ谷駅市民センター 他多数。


(お知らせありがとうございます。)

23:04 Category: [募集情報] [関東]

 雑文1/19

相方も僕も、帰省の疲れが今頃出てきました。こんなに疲れる帰省っていったいなんなんだ。

今日は少し歩きにいったりもしましたが、家でフットボールとかみていました。

卓球の日本選手権もすごいおもしろかったです。

ようやく『いだてん』第2話をみました。僕にはとてつもなく才能がないものがいくつかありますが、その1つに連続ドラマをみる才能がないということです。

『いだてん』はかなりおもしろいドラマだと思うのですが、それとこれとは話が別。毎週ちょっとずつみるとか大変。あやうく1話で挫折するところでした。

20:08 Category: [雑文]

2019年1月18日

 東京芸術祭2019『野外劇 吾輩は猫である』ノゾエ征爾脚本・演出 出演者オーディションのお知らせ

[出演者オーディション開催について]
2019年秋に開催する東京芸術祭2019では、『野外劇 吾輩は猫である』を東京芸術劇場の劇場前広場にて上演いたします。つきましては、下記のとおり出演者オーディションを実施いたします。奮ってご応募ください。

[脚本・演出 ノゾエ征爾からのメッセージ]池袋のど真ん中で演劇です。演目は『吾輩は猫である』。西口公園が工事中です。その隣で演劇です。セリフの一言目はおそらく、『吾輩は猫である。』です。街の喧騒の中でやるには、少し地味なんじゃないかって? 大きな声を出していけばいい。マイクを使えばいい。ちょっと歌ったり踊ったりしてみればいい。とは言え、それだけではただの変な人だ。そこに何が加えられるかは、参加する方々によるところが多いでしょう。トライ&エラーの稽古の日々。行き着いた先に見える景色は・・、まあ、池袋の喧騒か。プラス、ちょっといいもの。を青臭く信じて。やりましょう。是非。ノゾエ征爾
[ノゾエ征爾 プロフィール] 1975年生まれ。脚本家、演出家、俳優。劇団はえぎわ主宰。99年にはえぎわを始動以降、全作品の作、演出を手掛ける。12年『◯◯トアル風景』にて第56回岸田國士戯曲賞受賞。劇団外での活動も多く、16年にはさいたまスーパーアリーナで高齢者1600人出演の1万人のゴールド・シアター2016『金色交響曲~わたしのゆめ、きみのゆめ~』の脚本、演出を手掛けた。近年の主な公演に、音楽劇『気づかいルーシー』(17年/脚本・演出・出演)、世界ゴールド祭2018ゴールド・アーツ・クラブ『病は気から』(18年/脚本・演出)、パルコプロデュース『命売ります』(18年/脚本・演出)など。

■公演概要『 野外劇 我輩は猫である 』
原作:夏目漱石 脚本・演出:ノゾエ征爾(はえぎわ)
総合ディレクター:宮城聰(演出家、SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督)
◎日程 : 2019年10月(予定)[東京芸術祭2019会期中]
◎会場 : 東京芸術劇場 劇場前広場(予定)

■ オーディション概要 <エントリー受付期間 2019年1月15日(火)~2019年2月6日(水)【必着】>
◎応募条件
・2019年4月1日時点で18歳以上の方。
・2月中旬の二次選考に参加できること(日程等は下記を参照のこと)。
・稽古~本番期間に責任をもって参加できること。
・国籍不問(ただし、相応の日本語コミュニケーション能力を必要とする)。
・演劇、ダンス等、舞台芸術の経験者(演出家に指示される内容を記憶し実践する身体能力を有すること)。
・作品中の楽曲が歌えるレベルの歌唱能力(日本語)があること。
※劇団、事務所等のご所属がある場合は、出演の了承を予めご確認ください。
◎待遇 謝礼あり(出演料) ※本オーディションの参加に関しての謝礼や交通費の支給はありません。
◎選考方法
1.一次選考 【書類審査】下記の応募方法にもとづき、エントリーシートをご郵送ください。合格の場合は二次選考についての情報を2月9日(土)までにいただいたメールアドレスにご連絡いたします。
2.二次選考 【実技審査】日程 : 2月12日(火)~2月15日(金) (時間未定) 会場 : 東京芸術劇場

◎応募方法 以下の必要事項をエントリーシートに記入し、下記宛先までご郵送ください。(メールでの応募不可)
1.氏名(ふりがな) 2.氏名のローマ字、アルファベット表記 3.生年月日と年齢 4.住所(郵便番号明記のこと) 5.日中連絡のつく電話番号 6.性別 7.ご所属 8.身長、体重 9.メールアドレス 10.応募者の写真2種([1]顔写真(正面からのもの)[2]全身写真 / 直接貼付する場合は、裏面に名前を記載してください) 11.舞台経験(なるべく詳しくご記入ください) 12.特技 13.志望動機(400字程度) 14.返信用封筒(82円切手・住所記載のもの・不採用の方にはエントリーシートをお返しします)
※1~2は、芸名の場合、本名も併せてご記入ください。
※選考結果は二次選考に進まれる方にのみ、メールでご連絡いたします。東京芸術祭 野外劇 オーディション係からのメール(tf2019audition@satohshoji.daa.jp)が受信できるメールアドレスを必ずお書きください。
・エントリーシートは公式サイトより、ダウンロードしてください(A4用紙2枚)。※プリント時にページ数が変わらないようご注意のうえ、必ずA4サイズ2枚(片面印刷)で提出してください。
◎応募送付先 〒114-0002 東京都北区王子1-14-12-301佐藤商事(株)内 野外劇オーディション係
※お送りいただきました個人情報は、オーディションの選考のほか、東京芸術祭、本事業に関する連絡のため利用することがあります。
◎稽古スケジュール(予定)
稽古開始 : 2019年9月初旬
会場 : 東京都内
※詳細なスケジュール、会場は合格者の方に追ってご連絡、調整いたします。

[出演者募集についてのお問い合わせ先]
東京芸術祭野外劇 オーディション係 E-mail : こちらのメール Tel : 03-6903-3652(平日10時-17時)
主催:東京芸術祭実行委員会〔豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、フェスティバル/トーキョー実行委員会、東京芸術劇場・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)〕
助成・協力:東京都

(お知らせありがとうございます。)

23:28 Category: [募集情報] [関東]

 雑文1/18

今日は昼間は就活の相談にのったりしていました。

夜は奈良で先輩たちとのみかい。人数が少なかったのですが、そのぶんしっかり話せました。たのしかったです。

本格的なふぐのてっちりをたべました。雑炊がいちばんおいしかったです。

行き帰りで司馬遼太郎『幕末』読みました。なぜか幕末の暗殺事件ばかり扱った短編集。お芝居に役立つこともあるかも。

22:29 Category: [雑文]

2019年1月17日

 第2劇場『AIとまこと-完全版-』

作:音間哲 演出:阿部茂
【キャスト】平野洋平 青山誠司 辻麻理奈 大川諒平 早川夢 森菜々穂 後藤みゆ 川上立(sputnik.)
【スタッフ】
舞台監督:林直樹
舞台美術:新居直人
照明:辻麻理奈
音響:後藤みゆ、吉村雄太
衣装:住野亜梨紗、前里穂子
小道具:中村斗輝、森菜々穂、住野亜梨紗
宣伝美術:大川諒平、前里穂子
制作:千田拓実、早川夢、北本貴子

【日時】3月8日(金) 19:30
9日(土) 13:00/17:00
10日(日) 11:00/15:00
※受付開始は開演の45分前・開場は開演の30分前
【場所】音太小屋 〒530-0031 大阪市北区菅栄町3-15
【料金】一般前売:2300円 学生前売:1800円 一般当日:2500円 学生当日:2000円
【チケット予約】


 大阪にて、第2劇場『AIとまこと-完全版-』が上演されます。
 「時は少しだけ未来。テレビも映画も、脚本を大抵はAIが作る時代。『人間が作るものはつまらないし』それが常識。もちろん演劇も。そんな流れに逆らって、手書きにこだわる男がいた。そんな彼が書く脚本は......もちろんしょうもなくて。そんな男と1人のAIの物語。座付き作家の音間哲による新作、しかも久しぶりに真面目な?コメディです。」どんな舞台になっているのか、興味をもった方は、是非劇場に足を運んでみて下さい。
 お問い合わせは、こちらのメールまで。

Twitter:@dai2gekijo
第2劇場ホームページ

(伊藤さん、お知らせありがとうございます。)

23:25 Category: [公演案内] [近畿]

 劇団夢現舎『戯曲探偵入門』~演じながら戯曲を更に深く推理する講座です。

古今東西、どれほど 難解であろうとも名戯曲には必ず 答えが用意されています。しかしその解明には名探偵よろしく、貴方の名推理が必要不可欠です。戯曲中に隠された手掛りを頼りに、貴方にしか辿り 着けない結末を演じて下さい。貴方が名探偵になる為のちょっとしたコツを劇団夢現舎がレクチャー致します。末はポワロかホームズか? はたまた明智か金田一、銭形平次も夢じゃない!さあ、戯曲と云う名の魅惑なる迷宮に足を踏み入れてみませんか?

主催:劇団夢現舎
講師:小竹林早雲/益田喜晴
場所:新高円寺アトラクターズ・スタヂオ(東京メトロ 丸ノ内線 新高円寺駅4分)
日時:2019年2/1(金),4(月),8(金),11(月),15(金),18(月),22(金),25(月)
3/1(金),4(月),8(金),11(月),15(金)※最終日に実践形式で試演会を行います。
各19時~21時半 
資格:経験・性別・職業一切不問/戯曲を深く推理したい方/演じる事が好きな方
料金:★30,000円/通し券(試演会含め全13回) ★3,000円/1回券(単回参加) ★300円/1回(聴講) ※会期途中からの参加も可能です。
メール:こちらのメール 電話:03-3318-0756 劇団夢現舎ホームページ

ご好評につき、第2弾参加者を募集しております。「戯曲が苦手」「戯曲が好き」「演劇に対する姿勢をより深めたい」「演劇を始めたいけれど如何してよいかワカラナイ」等々ご自分のグレードを高めたい方は是非ご参加下さい。少人数制の密で深いWSです。定員になり次第〆切ります。
体験参加もありますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。詳細はHP等もご参照下さい。

(益田さん、お知らせありがとうございます。)

23:23 Category: [募集情報] [関東]

 ミュージカル座公演『ハートスートラ』キャストオーディション[1/30(水)締切]

《ミュージカル『ハートスートラ』 オーディション要項》
◆劇場:六行会ホール
◆上演日程:2019年5月22日(水)~26日(日)全8回公演
◆資格:中学生以上の健康的な男女。下記の『稽古日程期間及び劇場入り期間』に参加できる方。(学生の方は、稽古及び実寸稽古、本番を優先出来る方。)
◆応募方法:こちらのURLより『応募用紙』をダウンロードして、写真(上半身・全身)を貼って郵送・またはデータ送付して下さい。
※連絡は全てメールで行う為、PC・携帯メールアドレスは《必ず》ご記入下さい。
※『-(ハイフン)・_(アンダーバー)』『r・v』『l(エル)・1(数字の1)など、わかりやすく明記して下さい。
※応募用紙は、指定用紙以外でも受け付けますが、『A4サイズ2枚分(A3サイズ1枚分)』の大きさに収まるようにして下さい。
※ダウンロードページには、実技審査用の各資料(譜面・オケ)も入っております。書類審査結果が出る前よりご参考にしていただいて結構です。
※『アンケート』は、実技審査当日の受付時にご提出いただきます。
※オーデイション各資料は、『ハートスートラ』オーディション以外の用途での使用を禁止します。
◆応募書類締切日:2019年1月30日(水)【必着】

◆選考:【書類審査結果】
書類審査結果につきましては、応募者全員に『メールにて』ご連絡いたします。
※プロダクション、劇団などからのご応募についてのご連絡は、各事務所ご担当者様にご連絡いたします。
※書類審査結果の連絡メールは、実技審査日の直前でのご連絡になる場合もございますので、出来る限り下記日程で融通のきくようスケジュール調整をお願い致します。
【実技審査】※書類審査後、2月8日(金)か2月9日(土)のいずれかの1日・約2時間半程度で実技オーディションを行います。
【審査内容】ダンス審査(当日振付)、歌唱(課題曲)、簡単な質疑応答とアンケート
【受付・審査会場】ミュージカル座スタジオ(北浦和)
【稽古場】ミュージカル座スタジオ(北浦和)
【稽古スケジュール】
●3月中旬より稽古開始予定。(稽古時間:12時半~16時半予定。週5回/月曜日と金曜日は稽古休み(全曜日ではございません)/本番2週間前頃より稽古時間が21時まで延長される予定です。
◆その他 チケットノルマはありませんが、チケット販売にはご協力下さい。チケットバックまたは出演料あり。基本ダブルキャストを予定(シングルキャストになる場合もあります)。オーディションは無料です。稽古や公演に要する交通費は、各自の負担となります。合否のお問い合わせには対応しておりません。

◆宛先
【郵送の場合】〒330-0061埼玉県さいたま市浦和区常盤9-8-15松本ビル2F 有限会社ミュージカル座『ハートスートラ』出演者応募係宛
【データ送付の場合】担当:小宮山雅美宛 こちらのメール
※件名に必ず『ハートスートラ、お名前』をご明記ください。
【お問合せ】メールのみの対応となります。
メールアドレス:オーディション担当小宮山雅美宛 
heartsutra19@gmail.comからのメールを受信できるように設定して下さい。※ご返信までには、数日かかる場合もございます。予めご了承下さい。

(小宮山さん、お知らせありがとうございます。)

23:20 Category: [募集情報] [関東]

 IDIOT SAVANT theater company 現代劇作家シリーズ参加作品『日本国憲法』オーディション

イディオ・サヴァンは、『日本国憲法』をテーマに舞台作品をつくることになりました。この作品を2月のTPAMに出展、続いて5月に日暮里d-倉庫で発表します。難しいテーマですが、今この時に、一緒にチャレンジしてみませんか?世界でたったひとつの演劇をつくっています。ぜひ一度私たちに会いに来てください。なによりカッコイイ舞台に立ちたいという方 とにかく体を動かすのが好きな方 ただただ熱い想いとやる気に満ち溢れた方 思い切りそしてどっぷりと表現の世界に浸かりたい方 一緒にじっくり作品をつくっていきましょう。ぜひご応募ください!お会いしてお話できるのを楽しみにしています。
2月の横浜公演の観劇の有無は合否に関係いたしませんが、よろしければ是非足をお運びください。会場が違えば私たちの作品は変容します。願わくは新しい出会いが大きな風を吹かせてくれますように。

■公演概要■
die pratze 現代劇作家シリーズ参加作品
・公演日程 2019年5月11(土)~13日(月)
・会場:日暮里d-倉庫
・稽古日程:2019年4月平日夜間。5月1日~連日の昼夜。(詳細は後日お知らせします)
・新宿区近辺の稽古場にて。
・チケットノルマあり。(チケットバックもあります)
■募集要項■
応募資格
・18歳~32歳。心身ともに健康な方
・身体を動かすことが好きで体力に自信がある方
■選考手順■
1次審査:書類審査
2次審査:実技・面接 
2次審査日時:
[1]2019年2月27日(水)、[2]3月2日(土)、[3]3月6日(水)、[4]3月9日(土)(各18:30~21:30) 
場所:新宿区近辺にて。詳細は1次審査通過者の方にお知らせいたします
(2次審査参加費:2000円)

■応募方法■
下記項目を必ず明記の上、写真1枚(上半身のもの)を添付し、メールでお申し込み下さい。その後お会いしてお話しできればと思います。
■必須入力項目■ *件名に『オーディション応募(氏名)』と明記してください。 1.お名前、2.性別、3.年齢、4.身長、5.過去の経歴(簡単で結構です。所属先のある方はその旨も明記ください)、6.連絡先電話番号、7.メールアドレス、8. 2次審査ご希望の参加日、9.どちらでこのオーディションを知ったか(お分かりになればサイト名やURLなど)  ■必須添付データ:上半身の写真1枚

*応募・問合せ(担当:アカオ) idiot.savant@nifty.com 080-6587-8803
ご質問なども受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。新しい出会いを心よりお待ちしております。
公式サイト

■恒十絲 Koh-Toh-Shi■
IDIOT SAVANT theater company主宰。演出家・脚本家・振付家・詩人。1970年生まれ、第三エロチカ出身。2002年結成の劇団Purkinje Phenomenonでの全3作品と、05年5月改称の現IDIOT SAVANT theater companyによる全作品で作・演出・映像監督、振付を務める。発表の場に廃映画館や寺院を選ぶなど、恒十絲の『舞台』は地下劇場だけにとどまらない。また、その表現はすべて、『パフォーミングアート』あるいは『演劇』といった旧来のカテゴリにとらわれない固有の舞台芸術として繰り広げられる。硬質で叙情的な詩・テキストを基軸に、演舞、映像、音楽、美術、そして場所を融合させ張りつめた作品空間をつくる手法が評価を受けている。引き続き、日本人の体躯に合った身体理論とスポーツ医学に則り、独自の演技論と、演舞『祈汎誦(きはんしょう)』の発展を目指す。

■IDIOT SAVANT theater company■
集団名『IDIOT SAVANT(イディオ・サヴァン)』は心理学用語に因む。東京を拠点に活動を展開。2003年より劇団プルキニエ・フェノメノンの3公演を経て、05年、現IDIOT SAVANT theater companyに改称。07年、新宿タイニイアリスから招聘を受け、Alice Festivalに『黒縁のアテ』を発表。続いて08年東京芸術見本市に『KINK』を出展。さらに11年『彼方、蓮台野にて-U-BA-SUTE-』、12年『佯狂のあとで』は、いずれも国際舞台美術ミーティング・ショーケースに出品。横浜の寺院、貞昌院本堂において津軽三味線奏者・小山内薫氏と共同制作を行うなど、高い独創性のある作品が国内外から注目を集める。『枕辺の蠅(CAPPER RAVENS)』は、参加したベップ・アート・マンス2012(大分)に華を添えた。13年『いのちづたひ』(タイニイアリス)では12時間×5回公演を敢行。観客・演劇関係者ともに賛否両論を呼んだ。15年より『現代劇作家シリーズ・フェスティバル(d-倉庫)』に参加、好評を博している。これまで劇中映像撮影のため関東近郊はもとより、三重、鳥取、広島、高知、熊本、大分、宮崎、鹿児島などの西日本から、冬の青森・下北半島、東日本大震災の被災地岩手、宮城、福島まで、全国各地に足を運んでいる。16年9月、パリにて『東北TO-HO-KU-11年の足音』公演。17年よりオーストラリア・Belloo Creative、ニュージーランド・Daniel Beltonと『SAND-ひと粒の砂の記し』を共同制作中。今後も他分野への参加のほか、国内各地・海外公演を視野にパフォーマンスを行う予定。


(朱尾さん、お知らせありがとうございます。)

23:18 Category: [募集情報] [関東]

 雑文1/17

今日は夕方に会議だったので、それまでは旅の疲れをとっていました。これも大事。

あとはこまごま連絡とったり手配したりしていました。

明日は先輩方とのみかいです。できたらそれまでに更新したいです。

21:27 Category: [雑文]